サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. mimi.さんのレビュー一覧

mimi.さんのレビュー一覧

投稿者:mimi.

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本沈むさかな

2009/06/28 16:55

ダイビングの疑似体験

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

完全なるジャケ買い。
あまりにもきれいな写真に引かれて手に取った「沈むさかな」はこのミステリーが凄い!の優秀賞受賞作品だった。
父親を突然失った17歳の高校生カズは、かつての友、英介に父親の死には裏があるのではないかと打ち明けられる。思いもよらない告白に驚くが、真相を追求しようと決めたカズ。英介の紹介でスクーバダイビングを始め、隣にある怪しげなクラブで働き始めるが...
帯にあった青春小説の文字の通り、高校生のサスペンス物語。
でも、ページをめくると、そこに私が描いていた青春きらきらストーリーは無かった。
とにかく、二人称で綴られる物語には苦しめられた。
もうやめよう!と何度も思っては、「きみ」と語りかける文章には絶対に理由があるはず、それを解き明かしてやる!というか解き明かしてくれるまでは止めれぬ!と、この不毛な葛藤に疲れ果てた頃、空気が一変する。
スクーバダイビングの描写が素晴らしすぎるのだ。作者がCMデレクターだと聞いて納得!
ダイビングの事なんて知りもしない私を、深い海に潜らせてくれた。初心者であるカズが、深い海に恐怖を抱くように、私も手に汗を握り、肩に食い込むボンベの重さを、一緒になって体感した、気になった。
あまりの恐怖に息が詰まる。海中の澄んだ青さ、地上では感じる事の無い水圧と浮遊感。そして、一歩間違えば死ぬかもしれない恐怖。1ミリも泳げない私には到底無理なダイビングを、想像の中でだけでも体験させてくれたこの作品には感謝したい。これだけでも読んだ価値はあった。
そして、後半に畳み掛けるように起こるミステリー事件の謎。これはこれで面白かったが、ちょっと唐突過ぎたようにも思う。まあ、私の最大の関心ごとが「きみ」だったのだから、それにさえおとしまえを付けてくれれば、とりあえず良い。
前半と後半で全く違うストーリーを読んだ気になった。わけて考えると、そのどちらも満足だ。しかし、一つの物語としては、、、ちょっと疑問が残ったけれど...

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示