サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 椿子さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

椿子さんのレビュー一覧

投稿者:椿子

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本恩寵

2009/07/02 21:15

幻想的な庭の中には。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

とても良い小説だった。全体的に流れるテーマが、押し付けがましくなく心にしみわたる。命についての描かれ方や、過去(親など)との繋がりもとても上手く表現できている。色々な人が色々な部分で繋がり、ちゃんと世界は創造されているのだ、という当たり前のことが、すとんと胸の中に落ちてきた。人間であるからこその苦悩や喜び、親子であるからこそのしがらみや愛にちゃんと立ち向かっている登場人物たちが、愚かしくも好ましい。「いいじゃないか、人間なんだから、嫌いな人や苦手な人がいたって。」という台詞がとても心に残った。中盤から終盤にかけての伏線の回収の仕方も素晴らしく、登場人物の名前や店の名前なども個性的で可愛らしい。紙の上を、大きな大きな風が通り抜けているような小説であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

さしはらさんの魅力

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

AKB48という雑多なアイドルグループ(人間臭くて体力会系な彼女達がフリフリした制服に身を包んでいるというある意味スーパー集団)の中にいる地味で塩顔ですぐ泣くし自虐的だし貧乳だし優しいから自分があんまり出ていかない、それがさしここと指原さんである。
なんというか、「さしこ」!!とニックネームで呼ぶよりも、「指原さん」と名字で呼びたい気持ちになってしまう。

この本はそんなさしはらさんが、スクール水着を着たり、一生懸命グラビア頑張ってたり、これまた自虐的なインタビューが掲載されていたりする、でもある意味普通な彼女の普通な人生が詰まっている本である。
こんなに普通なのに、読んでると元気が出てきて涙が出そうになるのは、何でだろう。
切なくて胸が痛くなるのは何でだろう。
それが多分彼女の魅力なのかなあと思う。
言葉では説明できない、彼女の良さなんだと思う。

私もこんなに普通なのに何で??と首を傾げたくなってしまうのだけれど、本当にこの本のさしはらさんは魅力的。
青山さんが撮っているフェティッシュ写真もとても良い。
何色にも染まれそうな純粋さや無力透明さもあると思う。
凄く良い本。
ファンじゃなくても、彼女を応援してしまいそうになるんじゃないかなあ。
そして彼女の、どこかシュールな文章のファンになってしまうはず!!
オススメの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マリ子ちゃんの少女性。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

だいぶ昔に出た写真集だけど、この頃の高橋マリ子ちゃんの魅力がぎゅっとつまった作品。とても良いです。マリ子ちゃんはただ可愛い、綺麗だけではなく、透明感と、どこか陰鬱さも感じさせる不思議な魅力を持ったモデルさんだと思います。写真集のタイトルも可愛い。一番好きなカットは、バスの中のマリ子ちゃん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示