サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ごとう 和さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

ごとう 和さんのレビュー一覧

投稿者:ごとう 和

1 件中 1 件~ 1 件を表示

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2005年に「パーキンソン」と診断されました 漫画家です。
診断名を耳にした時は ショックで 1年ちょっとは落ち込んでましたが
台湾式足ツボマッサージに出逢い ジャズ体操教室に通い始め、、1年たち「運動した翌日はやっぱり体の動きがいいなあ」くらいに思ってました。  でも、2年目になると  出来なかった動きが 出来るようになっていて、びっくり!!

体を動かし筋力をつけ 関節をかびつかせない事が 病気の進みをゆっくり 
してくれてるように思います。 薬もここ2年 増えていません。

そんなこんな「パーキンソン」から学んだことを、秋田書店さまの雑誌で
落ち込みあり・心の葛藤あり・足ツボ・踊りあり・体操教室あり・いろんな気づきありーのコミック「ぴんくのハート」「パーキンな日々」を描かせていただきました。

それをまとめたのが「ぴんくのハート」です。

パーキンソンの患者さん そのご家族のみなさん、又 医療&介護に携わる方々に患者の思い、又 病になっても気持ちと取り組み次第で病の進行が ゆっくりになるかもしれない、、ということを伝えたくて 描きました。

「ぴんくのハート」読んでいただけたら うれしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示