サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ちょしゃさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

ちょしゃさんのレビュー一覧

投稿者:ちょしゃ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

著者です。自著を紹介させていただきます。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ビーケーワン様のHPに、「作り手からも投稿してください」とのアナウンスが載っておりましたので、お言葉に甘えて、著者でありながら投稿させていただきます。

「カウンセラーへの長い旅」は、私の2冊目の本で、私が留学していたCIIS(カリフォルニア統合学大学院)の授業風景や、卒業後のインターンカウンセラーとしての経験などを中心に、海外での生活での七転八倒を書いています。

お金をため、40歳でそれまで勤めていた石油会社を退職して留学したのですが、アメリカでの学生生活は、順風満帆というわけには行かず、山あり谷ありで、今思い出してみると綱渡りの連続でした。

でも、そのおかげで、それまでの人生とは180°変わる文化の中で、さまざまな人たちと知りあうことができ、自分としてはかけがえのない経験だったと思います。

日本を立ったのは、早いもので、もう12年も前のことになります。

留学直前は、不安もありましたが、初めての海外生活を考えると、期待に胸が膨らみ、うきうきした気分にもなっていたものです。

地球の歩き方などのガイドブックを買ってきた妻は、「サンフランシスコは、世界で一番美しい街って書いてあるよ」などと、目を輝かせ、私は私で、「カリフォルニア サンシャインだぜぃ!」と盛り上がっておりました。

成田から10時間あまりのフライトでサンフランシスコにつくと・・・、雨だったんです。今から考えれば、カリフォルニアサンシャインというのは、ロサンゼルスあたりのことを言うのであって、サンフランシスコは、霧の街で、サンシャインじゃありません。

空港についた私達は、気を取り直して、タクシーで宿泊先の「ホテルカリフォルニアン」に向かいました。

「カリフォルニアン」は、私が選んだホテルです。あのイーグルスの名曲「ホテルカリフォルニア」を思い起こさせたからです。イーグルスのレコードのジャケットのようなホテルほどではなくても、きっと快適なホテルに違いないと、勝手に思い込んでおりました。

タクシーがサンフランシスコ市内に入ると、その日は、何かのパレードがあったみたいで、あちこちが通行止めとなっており、ドライバーは、裏道をくねくねと運転しはじめました。その時、私達を乗せたタクシーが走っていたのは、テンダロイン地区と呼ばれる区域でした。

テンダロイン地区は、観光客でにぎわうユニオンスクエア前のゲーリーという通りの南側の地区で、サンフランシスコで最も危険な地区のひとつと言われていますが、当時の私達は、そんなことを知りもしませんでした。

街は、うすぎたなく、道路にはあちこちにゴミが落ちており、いかにもあやしそうな男たちがたむろしていました。また、ジャンキーなのでしょう、完全にラリッたおじさんがふらふらと歩いているという、どうもぶっそうな雰囲気でした。

不安になったのか、妻は、「これが、世界で一番美しい街なの???」と、私に聞いてきました。私は、ここは、妻を不安にさせちゃぁいけないと思い、「まあ、この辺はきたないけど、ホテルのあたりはきれいだよ」などと根拠のないことを言ったのですが、私の淡い期待は、すぐに裏切られることになりましいた。

「ホテルカリフォルニアン」は、なんとそのテンダロイン地区の端っこ、かろうじて安全地区との境目にありました。

そして、そこは、名前から想像される印象とは程遠いかなりうらぶれたホテルでした。「ン」がついているだけでしたが、イーグルスのジャケットに出ていたホテルとは、えらい違いです。当たり前です。なにしろ、宿泊費が安かったのですから。

初日、夜になると、美しい夜景などは見えもしませんでした。なんだか暗い街並みが見えるだけです。これも、当然です。なにしろ、私達の泊まった部屋は、あのテンダロイン地区の方を向いていたわけですから・・。

私達が、寝ようとした時、外から「パン、パン」という音と、「わーっ」という人の声が聞こえました。妻は、不安そうに、「何の音?」と言います。私は、とっさに、「ああ、この辺は、中国系の人が多いからね、爆竹の音だよ」とごまかしました。たぶん違う音だったのだと思います。その後、パトカーのサイレンも聞こえましたし。なにしろ、毎週のように殺傷事件のあるような地区でしたから・・。

それから、私達は1週間そのホテルカリフォルニアンに滞在し、銀行の口座を開設し、サンフランシスコの隣のデイリーシティーに手ごろなアパートを見つけ、家財道具を買い、4年半におよぶ波乱万丈の留学生活がスタートしました。

その後のことは、「カウンセラーへの長い旅」をお読みいただけたら幸いです。

向後善之

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示