サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. MOULINさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

MOULINさんのレビュー一覧

投稿者:MOULIN

1 件中 1 件~ 1 件を表示

これから高校・大学に進む人にお勧めの一冊

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

もし、学生に戻れたら、次は古生物学を学びたいと本気で思わせる本です。
とにかく、最後までワクワクしました。本のレベルとしては、大学生が古生物学の教科書として使うような専門的な内容です。にもかかわらず、スーッとひきこまれ、どんどん先に読み進めることができました。それは、読書なのに、なぜか野外で体験したような気分になったからだと思います。化石がたくさんみつかる地層に連れて行ってもらって、目の前で解説をしてもらっている、という錯覚におちいりました。化石というと、恐竜のイメージですが、この本に出てくるのは、おもにウミユリ、そして貝、ヒトデ、カニなどの小さめの生物。小さな生きものの話なのに、とてもスケールが大きい。最古の化石から、現在生きている生物について書かれているので、地球の歴史の長さが伝わってきます。化石というものは、発掘されることによって、悠久の時を超えて、生物の営みを今に伝えるのだなぁ……と、いまさらながら化石の「真の価値」について考えさせられる本でした。カッコイイ形をした化石とか、キレイな化石という薄っぺらい価値観ではなく、専門家は化石からいろんなことを読み取っているということが分かりました。まるで探偵のようです。今の地球の多様な生物の営みを理解するには、古生物からの視点が不可欠だと感じました。読み終わると、フィールドに出て、ハンマーで化石を割りたくなっていました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示