サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. エノキさんのレビュー一覧

エノキさんのレビュー一覧

投稿者:エノキ

ホームレスが流した涙

2009/10/09 07:56

丁寧なホームレス取材を重ねた感動本

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

作者は10年近くホームレスの取材をしてきたフリーライターです。今までのホームレスを扱った二作品「こじき大百科」「ホームレス大図鑑」は、ホームレスを茶化していましたが、今回はしっかりと感動系の本になっています。長期間取材をしてきただけあって、ホームレスを取り巻く環境や、ホームレスの生活の実態などが、非常に丁寧に書かれていました。ホームレスとその両親や子供との、確執。そして長い時間をかけて分かり合うまでの軌跡。ホームレスどうしの助け合い。残念ながら亡くなってしまった方の物語などなど、様々なアプローチで感動を誘っています。近くにいるのに、実態をあまり知らないホームレスの方たち。彼らを理解するのには、非常によい本だと思いました。個人的にはあいりん地区に住む若いホームレスが、必死に頑張って生きていく姿を描いた『したたかで強い目を持つ人』、寒波で倒れてしまった老人のホームレスを今時の若者が助ける話『見かけによらない若者たち』、作者自身がホームレスに生きるという事はどういうことかを諭される『山谷で救われた日』が特に印象に残りました。ホームレスを知りたいと思っている人にも、感動系の本が好きな人にもお勧めできる一冊だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する