サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ぽょさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

ぽょさんのレビュー一覧

投稿者:ぽょ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

何に惹かれたのかなぁ...!

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

十数年も前になるかな?
1~3巻くらいは読んだ事ありました。
当時は、変わった漫画だなぁ、でもなんか設定が多すぎて疲れた!という感覚しか残りませんでした。(ファンの方申しわけない!)
でもどこか気になる存在、そんな感じでした。
時は流れ2009年。何を思い立ったか読み返したんです。
気がついたら、数々の古本屋をあたり、全巻を揃え始めており、
どうしても見つけられなかった11巻を、ついにbk1さんにお願いするに至りました。
経済的にもそんなに気軽に手を出せる金額の本ではなかった為、古本で揃えたのですが、どうしても読みたい気持ちが抑えられませんでした(笑)
何に惹かれたのかず~っと考えていたのですが、私の場合は「ファティマ」の存在じゃないかと思います。
戦争物、SF、ロボット、アニメの世界などに興味があるわけではありません。
「ファティマ」は、騎士に仕え、騎士がのるモーターヘッドという機械を騎士とともに操作する人造人間達なんですけど、女性、男性、子供、能だけのタイプがあります。(説明がおおざっぱですみません。)
このファティマ達は実にけなげで、主人に尽くす、尽くす、尽くす...。
騎士達は人のように愛情を注いでしまう事もあります。
この本を読む女性によっては、女性型ファティマの存在を受け入れられない人もいると感じます。
女性タイプのファティマは、人間の女性にとって妬み、羨望の存在になりうるからです。(ファティマ達は苦しい宿命を背負ってはいるんですけどね。)
ファティマ達みたいに、出逢った時のままの姿・心でいつまでも変わらず夫へ献身する事ができたらなぁ...って思わず感じちゃいました。
でも現実は、いつまでも変わらない夫にいらいらして、昔の可愛かった自分は何処やら...という私事はさておきまして、
膨大な設定の架空の歴史の中で、どうか溺れてみてください!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示