サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. とら子さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

とら子さんのレビュー一覧

投稿者:とら子

11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本再会

2010/10/15 21:06

読みやすいミステリでした。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最近は変わった表現や難解なトリックを使うことが美徳であるかのごとき様子も見受けられますが、この「再会」に関しては、読みやすいミステリだと思います。

同級生4人が現在の事件と23年前の事件に関係しているという、ややサスペンスにありがちな題材ではありますが、4人の現在の状況と性格的な特徴が明解であるせいか、読み進む上で「あれ?この人誰だっけ?」「これって誰のことだっけ?」などと前のページを見返したりする必要がありません。
23年前の事件については、多少の間、小出しに引っ張ったけれど、ちょうど良い頃合で一旦は明らかにする、というように、読者を余りイライラさせずにいたと思います。

気になる箇所もありました。同級生4人の中のひとりの心理描写が途中で変化したところがあって、マズイかな、とは思いました。独り言として心理描写している部分で、同じ行為に対して、例えば、「誰がやったんだろう?」と言っていたのに、途中で「自分がやったのだ。」になっていたら、「ん?」となりますよね。そんな気になる箇所はありました。
ま、そんなところも全体に大きく影響を与えることなく、読みやすい文章で書かれているミステリです。

県警捜査一課の南良(なら)刑事が、しつこくこだわって真実を明らかにしていくのですが、嫌味がなく、優秀である分、気持ちよく読めました。

終盤、偶然がうまくいきすぎでると考えられることがあり、「ご都合主義の典型」と辛口評価されている作家先生もいらっしゃいますが、私としては、むしろ救われた気がしました。ホッとする偶然に感謝感謝でした。

ありえないヒーローとして科学者を持ってきたり、難解な分野のトリックを使っていたり、残虐なことを誇示したりするミステリよりも、日常の中に想像できるミステリであるところが、この「再会」の読みやすさだと、私は思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

よくできた作品でした。楽しめました。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

某逃亡犯(故人)のニュースでの逃亡劇に似たエピソードを織り交ぜながら、飽きさせることなく、この長編を読ませる書き方に感心しました。
智恵子に逃げ遂げて欲しいと思いながら読みました。
途中から「何かがヘンだぞ」と思っていたら・・・なるほどぉ、そういうことだったのかぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ママの狙撃銃

2009/12/07 23:45

ママがかっこいい!!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

お気に入りの本です。
普通の主婦なのに、実は英語ペラペラ、度胸もすわり、
射撃の腕もプロ級。
家族にはそれを隠していて、ごく普通に過ごしているのに
ある時、一本の電話が…。

でも、スパイパーにはスナイパーなりの心の痛みがある
ものなんだ、と思わせるくだりもあり…。

とにもかくにも、ママがかっこいい!!
そして、ありえないストーリーかもしれないけど、
荻原浩さんの作品は登場人物の細かい心の描写が
とても胸にせまり、
私は大好きな作品に出会うことができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本花と流れ星

2009/12/02 17:44

すごく好きな本です。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

真備シリーズは読んだことありませんが、
初めてこの本を読んで、真備さんだけでなく3人トリオの
大ファンになってしまいました。
気持ちが優しくなるようなストーリーですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本螻蛄

2009/12/17 16:28

相変わらずのふたり、待ってました!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シリーズ4作目。
二宮と桑原のコンビが大好きです。

憎まれ口たたきながらも、腐れ縁。
二宮はいつも通り、敵にやられてボロボロに。
お互いに助けたり、助けられたり。

「疫病神」「国境」「暗礁」を読んだことない方は、
是非ともそれらを読んでから、
この「螻蛄」を読んで欲しいです。
その方が、ふたりの『これまで』がわかって、
楽しめると思います。

このシリーズはいつまでも続いて欲しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本デパートへ行こう!

2009/12/17 16:19

さまざまな人間模様がデパートへ集結したお話。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一晩限りのお話で、しかもデパート内だけでの出来事。
なのに、引き込まれてしまいました。

最初は登場人物がとっかえひっかえ出てくるので、
誰が誰だかわかりにくかったけど、
人物を把握できてからは、それぞれの人の先の状況が
心配で心配で仕方なくなりました。

偶然過ぎるっちゃあ偶然過ぎるかもしれないけど、
それは小説の醍醐味。
ひとりひとりの気持ちが手に取るように描かれています。

お勧めの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本白夜行

2009/11/21 18:26

すばらしい作品です。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読者に、主人公ふたりが接するところを見せることなく、
ここまで物語に入り込める作り方はすごいと思います。

雪穂が友達に話す言葉の中に、亮司への想いの深さを
感じさせるところがあり、ちょっと感動。

2回以上読み直して、尚更好きになる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本警官の紋章

2009/11/22 21:21

道警シリーズ、おもしろいです。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

道警シリーズを久しぶりに手に取りました。
相変わらず興味深く読みました。
メインの数人の真実と正義を求める姿勢が気持ちよいです。

シリーズ前作を読んでいないと楽しめないので、★4つにしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本逸脱

2010/10/15 21:07

もう少しテンポの良さが欲しかったような

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

堂場瞬一さんの作品は『鳴沢了シリーズ』でファンになりました。
今回の新作「逸脱」も大変楽しみにしていました。

ちょっと、アレ?と思ったのは、
主人公の刑事・澤村が心の苦しみを抱えているのはわかるのですが、
その件を小出しにするのが長すぎたように思います。
本筋の連続殺人事件について読者が推理することにそれほど影響を
与えるとは思わないので、苦しみの全容を明らかにするのは、
もう少し早くしていただきたかったですね。
読んでいる内に、「まだ教えてくれないの~?」とじれてきました。
もちろん、他の作家の作品でも、主人公の過去の出来事を小出しに
する書き方は多いわけですが、じらされるのがあまり長いと、
読者側はツライものがあります。
先が早く知りたくてどんどん読み進むはずのところ、
じれてしまい、前半、読み進み方が遅くなりました。

後半になってからは、いつもの堂場作品のテンポが戻ったように感じました。
犯人の心理に関しては、最近観たテレビドラマの主題と少々かぶったところが
ありましたが、主人公の澤村の犯人逮捕に向ける情熱と能力については
読んでいて気持ちのよいものがありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本新参者

2009/11/21 18:18

う~ん・・・加賀恭一郎って???

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

短編になっているので、読みやすいとは思いますが、
加賀恭一郎を仏陀かマザーテレサのように書きすぎの感が…。
これまでの加賀恭一郎とちょっと違っているような…。
こう思うのは私だけでしょうか。

ちょっと「悼む人」を思い出す作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あるキング

2009/12/04 20:42

興味深かったけど、むずかしかった。。。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

個人的には野球好きなので、興味深く読み進みました。
先が知りたい、という気持ちを持たせるところ、うまいです。
王求の性質も両親の性質も、もの哀しくもあり、
でも、愛すべき人達だと思わされてしまいました。

しかし、最後まで読んで、主題がわかりませんでした。
伊坂ワールドに頭がついて行けてません。
凡人には難しいのかもしれません。

でも、伊坂さんの新作にはつい手がのびてしまう…^^;

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

11 件中 1 件~ 11 件を表示