サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. フィードバック1900さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

フィードバック1900さんのレビュー一覧

投稿者:フィードバック1900

1 件中 1 件~ 1 件を表示

ソウルの都市と建築に正面から取り組んだ著作

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

漢城、京城、ソウルの都市空間は著者も指摘するように日本人としてなかなか書きづらい都市の一つだったはずだ。しかも通史として書くことは容易ではない。
断絶した歴史を持つ都市の歴史を書くことはたやすくないからである。

この点を「歴史を扱うのが都市ソウル」だという「都市形成の動機」に焦点を当てて通史を書ききることで、従来の左右の歴史観から問題設定をずらすことに成功している。この稀な観点の設定は評価に値する。
日本の侵略を受けた韓国の都市の歴史に日本人が疑問を呈するのは神経を
使うところで、難関な問いかけだったはずだ。

歴史再現的なソウルの都市を朝鮮時代の四神相応や朝鮮出兵の宮殿焼き討ちへの疑問、外人町の形成、都市計画、景福宮の博覧会利用、朝鮮総督府庁舎、京城府庁舎の大日本説、朝鮮人が敗戦後に燃やしたと言われた朝鮮神宮などを題材に新しい観点から書き直す。
文献史学とは異なる著者の専門の都市学からの独自の見方が提示されている。朝鮮史の再検証すべきポイントがちりばめられた書籍である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示