サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. himagineさんのレビュー一覧

himagineさんのレビュー一覧

投稿者:himagine

1 件中 1 件~ 1 件を表示

なんだかな~

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 鉄道関係の著作はしばしば、著者が鉄道オタク過ぎて偏った見解ばかりで、おまけに大体が文章に難点があるため、途中で投げ出したくなるものが多い。その中で、この著者の『大手私鉄比較探見』(関東編・関西編)を読み、しっかりした視点を持ち、読み応えのある文章が書ける新たな鉄道アナリストが登場した、と感心したものだった。
 それだけにこの本には正直、ガッカリ。なんだかな~、どうして?というのが最初の読後感だった。経済性を判断基準の柱に据えるのはいいのだか、その結果、事業者寄りの見解ばかりになって、新たな提案は席間距離を縮めたクロスシート車による着席率向上策程度でしかない。筆者自身、あとがきで「私の発想が事業者寄りだという人がいるかもしれない」と書いているが、税込み1680円は高すぎ、読んだ損した、というのが全体の感想だ。
 アメリカのバスが完全に止まる以前にドアを開け、急ぐ客は自己責任で降りる例を紹介しながら、「本来はバスを衝突させない限り、車内事故は乗客の自己責任だ」と書いている。ルールを無視する乗客の多さに苛立ってのことだろうが、極論というより暴論というほかない。歯に衣着せぬモノ言いと暴論は違うはずだ。
 改行の多い文章も気になった。1行ごとに改行されていて、詩のような体裁になっている個所があちらこちらにあり、気になった。書価を引き上げるため、ページ数を稼いでいるわけではないと思うが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示