サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 椎野 鹿さんのレビュー一覧

椎野 鹿さんのレビュー一覧

投稿者:椎野 鹿

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本難民探偵

2010/01/26 22:46

難民探偵は、現実寄り気なり

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ゼロ年代の雄。西尾維新の新作は挿絵のない新・スイリ小説。難民というには恵まれている探偵と浪人の事件簿。この物語にドラマチックさはなく、起承転結の転を失ったまま、事件は終わり現実は続く。淡々と、やるせない思いを抱えながらも、何処か楽観的に。
 

 …うーん。事件の顛末は読者の期待からワザとズラしたんだろうけど、難民探偵の設定を考えると何処かチグハグ。優秀ではあるけど、この程度では税金ドロボーの謗りは免れまい。真田さんのためにも、もう少しハッタリを効かせて難民探偵の天才性を感じさせて欲しかったです。
 

 しかし、登場人物達の会話劇は相変わらず面白い。作家の京樹には「私の密室は、いつも読者からお叱りを受ける」とか「作品を出して出版社に利益を上げさせないと、後進の作家を育てられない」等、西尾維新さん本人を感じさせる所もあるし、早くも決まった続編が楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示