サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. seymourさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

seymourさんのレビュー一覧

投稿者:seymour

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本高慢と偏見とゾンビ

2010/01/27 01:25

一度火がついてしまった恋は、家柄の差も、ゾンビやニンジャの襲撃も乗り越えるのよ!

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

概要は「内容紹介」に書かれている通りですが、アクションやホラーの要素が強いわけでもなく、ゾンビがことさら強調されているわけでもありません。B級の娯楽作品でもないし、出オチだけの一発ギャグでもありません。あくまで、大人のロマンス小説として読める作品になっています。
だからこそ、シチュエーション・コメディとしてのゾンビが活きているのです。(ゾンビなので生きてはいません)

元ネタの「高慢と偏見」を未読でも楽しめますが、物語の舞台である17世紀イギリスの社会背景については少し知識が必要かもしれません。「女性にとって良い相手を見つけて結婚することが何より大切」という価値観や、家柄がずっと重要視される社会、疫病によってゾンビが跋扈する夜の深く暗い闇……などなど。
そんな時代の片田舎でのありふれた日常を淡々と描きつつ、いくつかの恋愛や戦闘、沢山のユーモアがさり気なく散りばめられた文章は素晴らしいの一言です。ここぞというところで挿入される挿絵も素敵で、物語への理解と感情移入を深めてくれます。

気づけば、エリザベスとダーシーの恋の行方(と、次はどんな場面にゾンビを割り込ませてくるか)が気になって、ページをめくる手が止められなくなっていることでしょう。


恋がしたい人、恋をしている人、恋を忘れてしまっている人―
押し付けがましい笑いに食傷気味な人、小説にしか表現できない笑いを求めている人―
そんな皆さんに、是非読んでほしい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示