サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. うえるカメ豊彦さんのレビュー一覧

うえるカメ豊彦さんのレビュー一覧

投稿者:うえるカメ豊彦

1 件中 1 件~ 1 件を表示

今の日本と希望の両方が見える

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は、15人の魅力的な人と日本語教師(春原氏)の対談本。

対談というのは、鼎談や会話と違って、一本の筋が見えやすい。
それだけに単調になりやすい面もあるが、15人との対談になると、
15本の線が、いろんなところで、絡み合い、面になって織られていく。

その結節点は「春原憲一郎」という、この自称ナマケモノの先生であり、
いつの間にか、この人の魅力的な生き方や伝記を読んでいる気にもなる。

おそらく、この先生は、

「目の前には日本語を学ぼうとしている学習者がいる
のじゃなくて、あなたと同じ『ひと』がいるんだよ」

とか言いながら、日本語教師を育てたりしているのではなかろうか。

そして、外国も日本も境目をつけず、途上国の立場と日本の地方を
重ねてみたりしながら、自分と他者との境もいたずらに設けずに、
他人事を「ひと」ごととして、自分に重ねて感じているのだろう。
そして、こうした精神の「自由さ」をすべての対談相手の方々にも感じる。

丁寧で濃厚な「脚注」は勉強になるし、参考文献リストもありがたい。

この本から、更なる世界が開けてきそうな、そんな希望も
湧いてくる、隅から隅までズズズいーっと滋養に富んだ
「わたしの伯父さん」的な魅力のある本。信頼できる先輩!

あなたもきっと、自分の現場でも何かしたい!と思えますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示