サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. altnkさんのレビュー一覧

altnkさんのレビュー一覧

投稿者:altnk

4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本花のズボラ飯 2

2012/07/19 01:56

絵で惚れろ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

絵だけで買う価値が半分以上ある。連載がオールカラーで隔々月になったときいた。次の単行本はいつかしら。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本怖ろしい味

2010/02/26 00:26

面白い

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これは著者渾身の一冊。失礼かもしれないがこれ以上のタネがあるのか、と思っていたら某新書で蓋の無い丼飯ごときでびっくりしていたからもう無いのだろう、と勝手に思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本東京焼尽 改版

2017/03/15 02:12

東京空襲下の百間先生

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

内田百間は自身を官僚的と評しているが、教え子に深い愛情を持っている。こういう人が先生なら怒られても腹が立たない。そんな氏が体験した東京大空襲の日記文学です。酒が飲みたい、これに尽きるのかと思ったら日々の糧に大変苦労していた。睡眠すら警報でままならない。3/10で焼け出されて逃げる、足が豆だらけになる、仮の宿で雑魚寝、便所のトタン板を持っていかれる(笑、等々。読後、人は戦時下の生活に思いを馳せ、平和を希求する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

タブー?解禁?違うなきっと

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日米地位協定や日米合同委員会を暴露する本という事だがこのシリーズに目を通した感想は「ブラフじゃなかろうか」だった。だいたい真にタブーであれば出版できない。日米関係は維持したまま反米感情を煽って憲法改正を実現する深遠な謀略に思える。支配層にとってそれほど日本国憲法は邪魔なのだ。我々日本人は反米、反戦、反原発、護憲で纏まれば敵は内側以外にいない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示