サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. nikonikoさんのレビュー一覧

nikonikoさんのレビュー一覧

投稿者:nikoniko

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本絵本を抱えて部屋のすみへ

2010/03/01 13:42

好きな絵本がさらに魅力的になるエッセイ

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

江國さんの小説の空気感が好きです。
童話のようだ、と感じる場面も多いのですが、そういえば絵本も出されているのでした。

この本は、絵本好きな江國さんの書かれた、絵本にまつわるエッセイ。
「MOE」に連載されていたエッセイなので、読んだものもあったのですが、江國さんの趣味とやっぱり合うなぁと思いました。
まず、江國さんがフランシスに似ているというところから親近感もてます。
「理屈っぽさと歌をうたう癖は、どうしても他人事とは思えない。」そうです。

今一番好きな絵本が『サリーのこけももつみ』で、子どもの頃好きだった絵本がマーガレット・ワイズ・ブラウンの本という点も似ています。

江國さんのエッセイを読んで、借りてみた絵本は『レナレナ』
オランダ絵本なのですが、絶版になってしまっているようです。

淡々とした中にユーモアが隠されていて、江國さんの小説に通じるものがありました。
「説明しすぎないところがいいのだ。作者といえども登場人物のプライヴァシーは尊重した方がいい場合もある、と私は思う。」
と、この絵本について江國さんが書かれているのを見ても、感じます。

他にも読んでみたい絵本が見つかったので、順に読んでみたいです。

それから、巻末には対談が載っています。
山本容子さんとの対談ではっとした一文は、
「絵本を自分で読もうとすると、まず文章を読んで、その説明のように絵を見なければならなかったりしますが、人に読んでもらえば同時進行になりますよね。その臨場感がすごく好きで(以下略)」

読み聞かせ=絵と言葉が同時進行=臨場感
これまで読み聞かせはいいよーと絵本の専門家に言われたどんな言葉よりも、ずしーんと響きました。
読み聞かせをしてもらって絵本好きになり、作家になった江國さんの言葉だからかな。

五味太郎さんとの対談では、
「子供の複雑さを経てシンプルなものを獲得してきた人は、子供の文化について、ごちゃごちゃ言わないと思う。
何かしてあげることをやめると、子供は解放されるんだよ。」
という五味さんの言葉が印象的でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示