サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. xavierさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年5月)

xavierさんのレビュー一覧

投稿者:xavier

1 件中 1 件~ 1 件を表示

どの層に向けた本?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

200点程の版権イラストと、キャラクター設定画等が掲載されています。カラーページはページ一面を使い、1~2点を大きく掲載しているので見応えがあります。

★アニメ側から見て
高村さんは「ストライクウィッチーズ」で監督を行ったはずなのですが、残念ながら絵コンテはおまけ扱いで1ページ掲載されているのみでした。
逆に同作品のキャラ設定画が20ページ以上に渡って割かれているのを見ると、ページの使い方が逆なんじゃないかとさえ感じます。

★イラスト側から見て
「原作が存在する」アニメーターの画集というものに何処まで需要があるのだろうという疑問があります。
当然アニメーターの絵は原作(あるいはキャラクターデザイン)に沿って描かれますので、極端な話「『ストライク~』の絵柄は好きだけど他の作品の絵はちょっと……」ということも充分にあることです。
イラスト掲載量からしても、(アニメーションより)イラスト単品を重視した本であろうことは分かるのですが、作品毎に絵柄が違うというのは、どうしても画集としてはウィークポイントになってしまいます。
また、こういった類の本ではお約束の、収録したイラストに対する本人コメントやインタビュー記事等が一切ありません。

以上を踏まえると、アニメファンもイラストファンも、どちらも買い難い本ではないかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示