サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. つばさ丸さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

つばさ丸さんのレビュー一覧

投稿者:つばさ丸

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本カブーのちいさなあおいほし

2010/04/18 11:46

今一度、あたり前のことを意識しよう!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「それって、あたり前なのかな?」帯に書かれた文章…。あまりにあたり前のことは、誰もが当然のこととして意識しない。日常的に生活している上で酸素を吸って呼吸していることを絶えず意識する人がいるだろうか?

 朝、目覚めれば天気がよければ太陽が顔を出す。あたり前のことで、誰も疑いを持たない。雨が降っていたり、天気が悪くても、いつか晴れて太陽がさんさんと輝く…誰もがそれがあたり前と思っている。この絵本は、そうしたあたり前のことがいかに大切なことか、本当の幸せ、豊かさとは何かを親子で一緒に気づかせてくれる作品である。

 遠い昔、人類が生まれ、火を使い始め、いろいろな道具を発明し、石炭や石油という資源を採掘し、巨大な建物を建造し、空を飛ぶ飛行機を作り、ついには宇宙にまで進出するようになる。人類の生活は合理的で便利になった。

 しかし、そうした進歩は環境破壊という大きな代償の基に立ってる。やがて、自然の人類に対する「報復」が始まる。空は真っ暗になり、太陽は輝きを失う。人類の造り上げた人工物は破壊される。…やがて、自然の怒りは収まり、またかつてのように空には太陽がさんさんと輝く。

 こうした一連の展開が太陽を中心として、素晴らしいイラストで描かれている。絵本としては、やや異質なタテ開きの体裁である。これはイラストレーターの作品を十分に効果的に表現するためのものだろう。

 原作者は、医学部を卒業後、病院勤務から家事・育児のためのブランクを経て、現在某企業の産業医として、従業員の心身両面の健康管理と職場環境管理に携わっているというかなうちきみこ氏。現職の専門家の視点から今、まさに人類が現在進行形で突き進んでいる環境破壊に警鐘を鳴らしている。

 そして、絵は絵本のみならず、学校教科書の表紙などをはじめ、幅広く活躍されているすずきじゅんこ氏。ほのぼのとした一見メルケンチックな作風の中にもお話の展開に合わせたドラマチックな色彩の変化で、文章との見事な融合を成している。
 
 今の時代だからこそ、我々は「それって、あたり前なのかな?」と自問自答し、当然のように錯覚しがちな恩恵を認識し、取り返しのつかない状態に至ってしまう前に、本当に幸せや豊かさは何か、気づくべきではないだろうか?是非親子で読んでもらいたい超おススメの1冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示