サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. hogehogeさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

hogehogeさんのレビュー一覧

投稿者:hogehoge

1 件中 1 件~ 1 件を表示

げんなり

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本人以外は名前をさらすつもりは毛頭ない。
「友田和宏」君ってのは、高校3年のとき、つまりは、18才のときに、中学校の同級生だった人間を恐喝していた。で、中学校のとき(13-15歳)でさえ、複数の同級生を恐喝していた。自分はお小遣いをそこそこもらっていたであろうにである。

まぁ、そんな感じの素行の悪い人間が、20か21かの18からあまり経過していないときに、彼を上回る素行の悪い人間によって恐喝される側に回って、殺害された。そこで、要は、父親が出てきたということだろう。で、粘着質に犯人を責め立てたということだろう。本当のところは、要はそういう話だ。

よく考えてほしいのだが、こんな感じの「彼はよい人物であった」というような書物が出版される時点で、上記の「友田和宏」君が虐げた人間は、気分がよいだろうか。まぁ、いいはずはない。

そして、もうひとつあるが、
「友田和宏」がもし長い間生きたところで、上記のような感じの人間であるから、殺人とか強盗とか恐喝などの犯罪を犯していたのではないだろうか?
そう考えるのであれば、むしろ、吉村とかいう犯人に感謝してもくらいではないだろうか?

読者に対して言えることは、書いてることがすべて真実であるとは思わないことだ。
友田博之氏の行為に感ずることはないとはいわないが、こんな感じの自分に対して恥をしらない・かつ第三者に対する配慮が欠けた書物をよいとは思わない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示