サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. アートマンさんのレビュー一覧

アートマンさんのレビュー一覧

投稿者:アートマン

1 件中 1 件~ 1 件を表示

生活の中で楽器を弾くヒト達の、泥臭い、汗臭い体臭が伝わってくる本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

インドと言う国に魅かれ、そしてインド音楽に目覚め、サロードと言う弦楽器を習い始めた著者。
そのサロードに深入りするうちに、そのルーツを追い求め、各国を旅することになる。
そして、数々の不思議な楽器達とすれ違う。

私のお気に入りの1冊。

この著者、社会人になってインドの楽器を始め、どんどんのめり込んで行ったヒトであり、そもそも楽器マニアだったり、学生時代に系統だって民俗音楽を研究した、と言う畑のヒトではない。
むしろスタート時点では門外漢である。

多分、専門家なら、この著者のような探求の軌跡を辿らなくても、もっと効率良く、同じかそれ以上の収穫は得られるように思う。
例えば、そのテの研究家であれば、同業者の横のネットワークなどがあるだろうし、これの研究なら誰が詳しい、どこに文献が集まっている、などの情報もあるだろう。

が、著者はひたすらに行動する。
現地に体当たりで赴き、楽器を追う。
そのひたむきさ、ストイックさが、この本の魅力だろう。

あるいは、著者が足で集めた各種の情報は、専門の研究家からすれば、既に先刻ご承知のことかも知れない。この文献に大体載ってますよ、ぐらいに何か資料を紹介してくれるかも知れない。
仮にそうであっても、この本の魅力が減じるワケではないと思う。

この本からは、楽器だけではない、生活の中で楽器を弾くヒト達の、泥臭い、汗臭い体臭が伝わって来るからだ。
図鑑にはそれがない。
図鑑は無臭だ。

(RT: http://blog.goo.ne.jp/anomaria/d/20041001)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示