サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 生駒 貴弥登さんのレビュー一覧

生駒 貴弥登さんのレビュー一覧

投稿者:生駒 貴弥登

7 件中 1 件~ 7 件を表示

タイトルに偽りあり

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

残念ながら、サブタイトルに偽りありです。
「非常識な経営法」ですが、書かれている内容は「常識のある経営法」。
常識のある経営法を、馬鹿になって実行していることが、この本の著者の成功の理由です。

売れなくて悩んでいるから読む。それも良いでしょう。
それよりも、順調に売れている、素晴らしい経営者の方に購入頂きたい。
購入しても読まなくて良い。
困ったときに、あの本があったと思いだして読んで欲しい。
自身のぶれが致命傷になっていることに気が付きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ありとすいか

2010/09/26 19:09

保育園の先生がはまってしまった

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

夏の時期の読み聞かせに良いかと購入しました。人間が置いていったスイカを見つけて、それを自分たちの巣へ持ち帰るストーリ。
一生懸命なのやら休んでいるのやら、人間みたいに描かれているのも面白いです。
このアリかわいいとか、女王さんはどこに居るのだろう、居ないのかなとか、このアリお父さんみたいだとか、読むたびに新しい発見があり、それがまた楽しみになります。
こんな絵本ですから、読み聞かせが終わった後、園児がこの絵本にアリのように集りました。つぎつぎに様々なアリを見つける子供の観察力にびっくりです。
そして次の日には先生方が、この絵本にアリのように集まる始末。子供を放ったらかして夢中になっていました。
年長さん用にと準備したものですが、全体で使えるようにもう一冊追加購入した方が良さそうな感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

信頼されていると感じさせること

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

他の子と違うことを肯定することから始まります。
自立させることを、どのようにして導くか。普段の小さな注意がこの本に書かれています。当たり前の事かもしれませんが、それができるかどうかですね。
親は子供の味方であること。また見方でもあります。
「親に肯定され、信頼されていると感じさせることが大切なのです」と書かれている通りに、そのようになった時に子供の幸せがあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本子育てハッピーアドバイス

2013/09/03 11:24

育児最中に気軽に読める

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

育児本に書かれていることは同じようなものが多い。
そのようなものが沢山ある中で、この本の特徴は、心地よいイラスト、マンガを織り込んで書かれていること。これが非常に読みやすい。楽に読める。
よく編集されている本です。
悩んだとき、迷ったときに、簡単に手にとれることが大切です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本鈍感力

2013/01/13 15:33

鈍感になることより過敏にならないことかな

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

聞きなれない「鈍感力」の言葉。最後まで読まないと、誤った言葉の使い方になるでしょう。
敏感であることは大切ですが、バランスが崩れると敏感であることがマイナス要因になるから「鈍感力」を身につけなさいと理解しました。今の世の中を生きるのに必要なことです。
女性についての記述は的を得ていますね。肯くばかりです。これを読めただけでも儲けもの。
そして人間は完璧ではありません。偉大な先生でも、こんな駄文を書くことがあるのかの発見もありました。しかし先生に怒られますね。「鈍感力」を身につけろと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

立ち読みしてから購入ですね

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

イラストを使い、理解しやすいようには書かれています。
しかし、この書が出る以前の書籍類と、何か違う特徴的なものがあるかと言えば疑問ですし、5つのこととしてまとめられているのが、この本の半分くらいまでで、育児で忙しい中で読むとすれば、直ぐにどこを見れば良いのかと悩む可能性もあります。
また保育園の先生としてどのように等の記述もあり、誰を対象に書かれているのか、不可思議なところもあります。
母親視点なのか、父親視点なのか、教育者視点なのか。それぞれ求めるものが違います。
育児中の、難しく考えている頭の回路を解きほぐす、悩んだら直ぐにヒントが探せる。それをポイントに育児の本を買うことが必要です。
内容的には決して悪い物ではありませんから、一度手に取って頂いて、使えると感じてから、この本を買うことです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あなたの「お金」はどこへ消えた?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一度、本屋さんで立ち読みしてからの購入をお勧めします。
解説本は、読みやすい組み方と云うのがあり、その点では少し残念です。
疑問に思う記載もあり、また下手に色付けやマンガ、太線などを入れてあり、ごちゃごちゃしています。
この手の本が好きだと思う方にはお勧めします。

あなたの「お金」はどこへ消えた?
帯にある言葉ですが、答えは「ドブに消えた」。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示