サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. とくがわさんのレビュー一覧

とくがわさんのレビュー一覧

投稿者:とくがわ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本沖田総司 新装版

2010/12/22 09:28

一人でも多くの方へ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

数年前に購入した、私にとってとても思い入れのある一冊です。 今年は個人的に、再び新撰組について触れる機会が多々あり、数年ぶりに読み返すことにしました。 結論から言えば、やはり素敵な一冊というのは、何年たとうとも色褪せないものだなと強く感じられました。  私が、「沖田総司」について興味をもったのは、もう十数年前になります。 それから今も、違う時代を生き抜いた彼を追いかけています。 彼のお墓などにも行きました。 彼を表す言葉として、「短い生涯」「爽やか」など多々ありますが、実際はどうだったのだろう? 彼は、確かに時間としては「短い」、けれども「決して色褪せない」、かけがえのない時を過ごせたのではないかと私は思います。 この小説は、女性ならではの視点で描かれており、大変読みやすいと感じました。 病と闘う姿、新撰組としての姿、子供っぽい一面。 様々な姿を想像でき、「沖田総司」、そして「新撰組」についてもっと触れたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示