サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. GIMAさんのレビュー一覧

GIMAさんのレビュー一覧

投稿者:GIMA

1 件中 1 件~ 1 件を表示

ネタはいいが、文章はど素人

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

竹書房文庫「怪談社」、読み終えた。
怪談社のライブには何度か行っていて、いつも楽しませてもらっているので、今回の書籍化を楽しみにしていた。が、結論としては、非常に残念な出来。
ネタ的にはけっこう怖い話があったのに、文章によってすべて台無しになってしまっている。
やはり不可解な位置でなされている改行と、くせのある文章が仇になっていると思う。
正直に言うと、読むのが苦痛だった。

悪文の例をいくつか。
・1行の途中、読点のところで改行され、次の行ではなぜか一文字下げて表記されている。
・一つ二つは読点があった方がいいだろうと思われる文章で、一つも読点なしでワンセンテンスとなっているものがけっこうあり、結果としてわかりづらくなっている。
・普通ならば「~すると、**だった。」とするだろう文で、「~すると。」という風に句点で切れているものがしばしば見受けられ、読みづらい。
・3点リーダー「…」は通常二つ続けて表記し、「……」のようにして、余韻や沈黙をあらわすのだが、この部分に、俗に「ナカグロ」と呼ばれる「・」を複数並べて使用している。「・・・・」のように。
・一般に「?」や「!」のあとには一文字空けて次の文を続けるが、本書では詰まっている。

要するに、ブログでよく見かける素人の文章そのままなのだ。
いやしくも「書籍」として書店に並べて販売する以上、文章の綴り方の基本は身に付けた上で執筆してもらいたいものだ。
現状では到底金を払って読んでもらえる出来ではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示