サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. もにまるさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

もにまるさんのレビュー一覧

投稿者:もにまる

1 件中 1 件~ 1 件を表示

大人の一冊

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

短編集である。ひとつづつ話を読み終えるごとに、じわじわと
ひろがっていく感情がある。読み始めはもやもやとしていたそれが、徐々に晴れていって、ああ、なんてすばらしい、と嘆息がおこり、余韻を深く残す作品群である。
読み始めのもやもやとは、ん、この作品は一体何がいいたかったのだろう、というもやもやである。どこか短編ものに期待しているオチや仕掛けのようなものがないところから来ているのかもしれない。だが読み進めていくうち、ああ、これでいいのだ、こういう世界なのだ、と納得し、むしろ何が言いたいなどという浅はかな答えを性急に求めようとしていた自分を恥じた。
人が生きるさまざまな場面の、瑣末かもしれない部分を描きながら、人が生きるということは、聖と俗、喜怒哀楽が混沌とした状態で同時進行しているということ、悲しみの場面でなぜか兆す笑い、そのまた逆も、そういう状態こそがまさにリアルなのであり、そのなかで抗いようもなく歩みを進めるひとびとの粛々とした生を、描き出してみせる。
まさに静謐な夜想曲のようなひとつひとつの話に、これといった派手なエピソードもなく生きている自らを重ねみながら、しみじみとした味わいを覚えることのできる、大人のための一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示