サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. dogger bankさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

dogger bankさんのレビュー一覧

投稿者:dogger bank

1 件中 1 件~ 1 件を表示

放射能について、自分で考えるために

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

原発のひどい状況を告発する本はたくさんあるが、この本のアプローチはかなり変わっていて、おもしろい。著者は東大で言語論を研究している人。

 原発事故のあと、メディアでは「ただちに健康に影響はありません」とか、「基準値以下の放射線なら心配する必要はありません」というような言葉を、立て続けに聞かされた。それに対して、「本当にそうなのかな?」と思っても、それをうまく周りの人に伝える言葉がなくて、欲求不満になった人は多いと思う。

 たとえば、Dr.中川こと、東大病院の中川恵一氏は「100ミリシーベルトを被爆しても、がんの危険性は0.5%高くなるだけです」(毎日新聞3/20)と語った。中川氏は読者を安心させるために、今でもこういうことを言っているのだが、著者は反論してこう言う。

 「ある学校の生徒200人につき1人を、無作為に選んで命を奪うという脅迫があった。過去の事態から、その脅迫が深刻に受け止めるべきものであることもわかっている(同じ0.5%のリスク)」これが「安全」と呼べるだろうか。

 「危険」な状況を、「安心」にすり替えることは、実はそう難しくないようだ。社会的には年間1ミリシーベルトの基準があることをスルーした上で、発がんリスクを日常生活の中のリスク(たとえばタバコ)と比較して、放射能のリスクが比較的小さなものだと理解させればいい。もともと人々は、「安心」できる情報を求めているのだから、飲み込みは早い。

 私たちのほとんどは、情報をマスメディアから受け取っているので、情報を正しく読み解くことは必須だ。中には間違ったものや、有害なバイアスのかかった情報もあるが、読み方によっては、実はいい情報源であることも多い。

 注意しなければいけないのは、「社会的な基準(たとえば年間1ミリシーベルト)に言及することなく、専門家が自分の意見を主張している場合には、情報の受け手として注意が必要」と著者は訴える。

 原発関係の本はたくさん出版されているが、メディアを席巻する「安心」「安全」報道を少しでも読み解き、なにより、自分で考える力を取り戻したい人にお勧めしたい、小さな本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示