サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. たぬきの妻さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年5月)

たぬきの妻さんのレビュー一覧

投稿者:たぬきの妻

10 件中 1 件~ 10 件を表示

患者にもわかりやすい・・・でも、もう少し絵があったら・・・。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

現在(2012年)、この病気に関する一番納得のできる最新の書物かと思います。初心者にもわかる説明だと思います。
2月の「ためしてガッテン」で放送されたように、日本には200万~300万という臼蓋形成不全、先天性股関節脱臼から来るこの病気の人がいると言われているのに、あまり知られていない病気です。
乳児を持つ親には、股関節の成長を妨げないようなだっこを注意喚起するような時代にようやくなってきています。・・が、股関節は思春期までは成長するそうです。最近では、おむつの巻き方でこの病気が発生する事は無くなったにもかかわらず、日本人には先天的な病気です。股関節は体重を支えています。日本人は地震を怖がるのと同じくらい「若くても歩けなくなる_この病気」に関する知識を増やすべきだと思います。
日本人は古来、歩けなくても座敷牢のようなところで、家族を養ってきたという閉鎖的・かつ平和的な民族であったと思います。そのために、他民族からの侵略で大陸では淘汰されてきたであろうこの病気の遺伝子が、子子孫孫に渡り受け継がれてきたのではないかと思われます。
この病気を持つ人に対し、いろいろな知識と生活全般の注意を与えてくれる本です。再生医療など今後の研究に待つところも大でしょうが、現在のところは、人工関節に置き換えるのが最終的な治療法であり、それを回避するためにも、正確な知識と運動療法と生活療法が欠かせません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

体操の図柄・・・わかりやすいです

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

若くしてこの病気だと、人工の股関節が死ぬまではもちません。この病気には人工関節という最終手段しかないというのが、この病気の問題点です(2011年12月の現段階では)。この病気とわかっていろいろな本を買いましたが、この本は、一番力になっているかな・・・と思います。お医者さんは、「プールで歩きなさい」・・・と簡単に言いますが、どんな運動・体操が良いのか・・・・・、時間をかけることには不手際です。
自分の股関節を保存するのに、どんなリハビリがよいのか・・・わかりやすい図柄つきで私には一番理解しやすい。
また、もう人工の股関節にして、その股関節を大事にしないといけない場合も運動・体操が必要なので、今後も闘いです。
最近の人工股関節は改良が進み、出来る運動が増えてきているようですが、人工の股関節の場合はしてはいけないという、運動もあるようですね。たとえ・・・軟骨が再生できるような技術が、出来たとしても、その関節を守るために、筋肉を作るのは運動しかないのが現実でしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

わかりやすく親しみやすい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この病のことを知らず、右往左往している者にも、分かりやすかったと思います。
保存のための運動の仕方や、人工関節だけが治療では無い事を、紹介してくださって、まだまだ治療の余力のある方には、希望の持てる本だと思いました。様々な方面からの、患者に関する配慮が見え好感が持てました。この病気を最初に宣告された時に、この本を読んでいたら良かったと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

変形性股関節症・・末期

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

変形性股関節症が悪化して4年、この間ずっと色々なストレッチや運動をしてきた。分からないなりにもさまざまな事が役立って、いまだ手術をしないで頑張っている。
人工股関節という・・今はこの病気には天からの助けとも言えるような手術が朗報となっているがそれでもなお、手術をしないでいる。
股関節まわりの様々な筋肉や靭帯、また働き方を知ることは、とても大切だし、それが語られているのは、実際嬉しい。
知っている内容も多かったが、知らないこともあり、今まで色々な書物を漁ってきたが、充実した内容だった。靴の話、足の裏の話や歩けないことの理由が「筋力が弱いから」・・・では必ずしもない・・・
というのが、私にとっては目新しいが納得のいく内容。
SLRの運動も、今までこれをやってきた私にとっては、目新しいないようであった。知識としては様々な理論武装をしたいものだ。
どれだけ出来る変わらないが、自分の股関節の保存に役立てたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

なかなかわかりやすい良い本です

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

わかりやすく良い本です。なかには、これを読んで、肥満解消が出来る方が居ると思います。
ただしすでに整形外科的な病気を持っている者には、あまり参考にはならない。
今、健康でまだそれほど軟骨がなくなっていない初期程度の股関節の病の人には効果があり・・・かと思います。
様々な視点から、人間が動く事、筋肉を創る事の大切さを感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

この病の克服に向けて

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この病は、知られているようであまり知られていない。私も、この病を宣告されて初めて聞いた名前でした。
ところが、この病では、まず歩く事を禁じられました。「杖をついて下さい」と言われびっくり・・・。「体重を減らしなさい」とも言われましたが、私はBMIが20以下なので、これは納得がいきません。まずは人間として最低限必要な動きを制限されるわけですからこれは尋常ではありません。歩くことを禁じられると、主婦としては(もちろん社会人としても)ほとんど全ての行動が皆無なのです。もちろん、常に寝たきりになる恐れを、持つようになる事は言うまでもありません。
この病を克服するためにやれる様々な事・・・これは知っておく必要があります。
患者として知っておくことが様々に書かれているので、参考になりました。医事関係者が読んでも、参考になる図書だと思います。希望を言えば、もっと保存方法としての体操やストレッチ、プール運動の説明を充実させればよいかと思います。他の欧米民族と比べ、日本人には先天的に潜在的にこの病気を持つ人たちがかなり居ます。私としては、股関節を専門とする医師が少しでも増えるように願います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

寝たきりになる恐怖と共に歩む病

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この病は、知られているようであまり知られていない。私も、この病を宣告されて初めて聞いた名前でした。
ところが、この病では、まず歩く事を禁じられました。まずは人間として最低限必要な動きを制限されるわけですからこれは尋常ではありません。歩くことを禁じられると、主婦としては(もちろん社会人としても)ほとんど全ての行動が皆無なのです。もちろん、常に寝たきりになる恐れを、持つようになる事は言うまでもありまえん。
昔からあった病ですが、過去の人は、足萎え・・・等と言って、歴史からうとまれてきた病気かもしれませんが、現代では、股関節の病気としては、メジャーな方の病気で、最終的には手術しかない・・・と言われる病気です。「股関節痛は怖い」と言われる所以です。この病気とわかるのは、30~40代以降の女性であることが多く、今でこそ手術の精度や手技が上がり、人工関節で通常の生活を取り戻した人も多い中で、ほんの20年ほど前までは、社会復帰が阻まれるような手術内容・手術期間であり、この本では、そうした過酷な現実の中での手術などが筆者の体験談などで紹介されます。また、お医者さんの立場からの説明もあり、この病気に対する考え方や、他の患者の方たちのいろいろな体験談などで構成されています。体験談を語られた筆者の一人はこの病気の患者の会ともいえるNPO法人「のぞみ会」を立ち上げられるわけですが、この病気に関しては朗報と言えます。この病気の歴史の一端を見る事が出来、私としては、興味深いと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

股関節痛は恐い・・・・これが真実です

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

股関節痛は恐いものです。股関節は、上半身全体の体重を支えながら、同時に動かす事が出来なければならない。
股関節の軟骨は一旦なくなれば、再生はしない・・ヒザの関節と違い、保存療法は限られています。
ましてや骨盤の中にある関節なので、一旦悪くなり始めると、「歩くな、体重を減らせ、杖をつきなさい」…様々な医者からの注文が飛びます。この筆者は、この医者の言葉を真っ向から否定します。85%の原因は、筋肉にあるので、手術は必要ないという立場です。理学療法士として、これまでの経験を本にされていますが、実は人工股関節手術で元の生活を取り戻す人が80%以上です。(変形性股関節症患者の会、のぞみ会調べ)ただし、この病気が中年になって出てきた場合は、筋肉が弱くなってきた事が一つの要因であり、筋肉を付ける体操をする事によって病気の進行を遅らせる事ができます。この理学療法士さんのご意見は、一つの意見をして聞く意義はあると思います。ただし、あくまで一つの意見であり、病気の進行を遅らせる一つの手段として考えるべきでしょう。医者も体重の負荷の無いプール運動や体操は推奨しますから・・・。
でも、本当に筋肉だけが原因なら、人工関節手術をして、痛みの無くなったほとんどの患者は一体どこが悪かったのか???

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

腸腰筋が悪いこと・・・・のみに、焦点を当て過ぎ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

筆者は自分の手で、てのひらから、病気を治す・・・ということを最終的に言っておられます。
どんな病気もてのひらで治せるらしいです。
また、これらの整形外科的な病は手術で治すことを否定し、てのひらで治すことを主眼としている。
手術で治らないで、うちの治療院で治しました・・・という事例がことこまかに書かれている。
また、手術をして、治らずかわいそうな事になった・・・という事例も紹介しておられます。
第三者的な、検証が無いのが気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

良い意味でマニアック・・・、良い医者かどうかは本人ではなく周りが決める事

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

整形のお医者さんとして、いろいろな模索をされた事はわかりました。
しかし、この暑い夏、(本日はこの辺りは35度の予報が出てます。)に40度以下の食べ物はダメ・・・です。体を冷やすのは、すべてダメ・・・と書いてある。今年の夏は、熱中症で、500人以上が搬送されていますし、十数人が死亡しています。人間、環境に配慮して、体を冷やす努力をせねばならぬ時があります。よって、この先生のマニアックなご意見をどこまで真剣に受け止めるべきか・・。
・・・・まぁ、これは読む人が判断すべきです。
2012年7月25日・・・・天神祭・・・土用の真っ盛りです。暑い~~~

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

10 件中 1 件~ 10 件を表示