サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. vetus tacitusさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

vetus tacitusさんのレビュー一覧

投稿者:vetus tacitus

1 件中 1 件~ 1 件を表示

津波被災者となったある夫婦からの発信

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

震災・津波報道がほとんど取り上げなかった北上川河口の長面〔石巻市〕。そこで被災したある夫婦による現場からの発信である。

第一部。妻による避難実録。今回の地震・津波では多くの場合「被災から避難所へ」だった。しかし、長面の住民にとって避難は野宿からはじまった。厳寒の2夜を急峻な山のなかでどのように耐え、生きのびたか。いのちのドキュメントがここにある。
生きのびたもののすべてを失った。だが、絆だけは残っていた。その絆が手をさしのべる。「無縁社会」といわれる今日だが、潜在していた絆が危機的状況のなかで、どのように起動して、機能するのか、その内側からのリアルな記録。避難者の心が伝わってくる。

第二部。夫による津波の記録。彼はたまたま「波」の研究者であった。彼は被災した直後、この地域の津波のすべてを記録することを決意する。彼は北上川河口の両岸・追波湾岸に点在する各被災地域に足をはこび、計測し、撮影し、聞き取りをし、それらを記録した。また、研究者として開発していた実験装置を使って、津波を解析。この地域を津波はどのように襲ったのかを解明している。困難のなかでも失われなかった科学者の目。

 報道とは違うレベルの肉声と意思が伝わってくる本である。  vetus tacitus

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示