サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 集星さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

集星さんのレビュー一覧

投稿者:集星

4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本成均館儒生たちの日々 上

2011/11/14 15:55

どきどきわくわく、時々はらはらな日々

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

韓国ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」を観てから、
原作4冊を読みました。

「成均館儒生たちの日々」の上下巻がドラマエピソード部分にあたります。
「奎章閣閣臣たちの日々」の上下巻がドラマのその後となります。

映像を観てから原作を読むと、日本文学・海外の翻訳本に関わらず
イメージと合わなかったりがっかりする部分もあったりしますが、
この物語は損ねることもなく、むしろ世界観が膨らみます。

「成均館儒生たちの日々」をざっくり一言で言うなら
「女の子が全寮制のエリート育成男子校に入る話」ですが、
原作を読む前は、もっと少女マンガ的な、もしくはハーレクイン的な
内容なのかも、と設定が設定だけに安易に考えていた自分がいました。

原作はきっちり文学的な素養豊な要素が散りばめられ、政治的展開もあり、
その上で恋愛があり、と濃い中身の詰まったストーリーとなっています。

ちなみに時々下ネタも入りますが、年頃の男の子が
集まればこんな感じなのかもしれませんね。

よくあることですが、原作とドラマでは、エピソードが違っています。

最大の違いは、ドラマで登場するライバルである「チャンイ」が居ないことです。

それによって内容も所々異なりますが、根本的なことは同じで、
例えば最初の主人公ユニとソンジュンの出会い方が違いますが、
試験会場で出会い、お互いに尊敬の心から付き合いが始まることには
変わりはありません。

原作は、登場人物達それぞれの心情が細かく描ききっているため、
ドラマを観た人にとっては、相乗効果もあって、より一層
楽しめるのではないでしょうか。

小説が映画化された場合、どちらを先に見るべきかいつも迷いますが、
この物語に関しては、原作を読んだ後にドラマを観ていたら
少し物足りないと感じていたかもしれません。

原作は力のある、素晴らしいものです。

面白いものに国境はありません。
そのことを強く感じました。
面白いものは面白いのです。


現在、「奎章閣閣臣たちの日々」の続きとなる話が書き進められているようです。
早くあの仲間達に会いたいな、と思う日々です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ロマンスの箱庭

2014/08/24 15:16

ファンタジックな短編集

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者初の商業誌コミックスのようですが、完成された絵、世界観には脱帽ものです。
しかし惜しむらくはBLなので、読む人が限られてしまうこと。
逆にBL好きにはキス止まりなので、物足りないかもしれません。

表題になっている「ロマンスの箱庭」は普通科に通う主人公と夜行性の芸術家ルームメイトのお話。
老年にさしかかっている布デザイナーと青年のお話や、亡くなった青年の文通相手とその弟のお話、
ある事を境に霊を見る事が出来るようになってしまった青年と学生時代の友人との再会話、
田舎の現状に不満を抱いている少年と、魔法を魅せに町へ引っ越してきた少年のお話が掲載されています。

さらり、と描かれていますが、この作者ではないと完成されないこの世界。
表紙の淡いパステルカラーのような、透き抜ける青空のような空気感をどのお話もまとっています。

短編集で、恋の始まりが描かれ、大きな起伏というのはありませんが、
この作者ならがっつり深く、長いお話を描けるのではないでしょうか、と期待させてくれます。

BLジャンルに留まらず、今後大きな世界に飛び込んで行って欲しい、
久々に今後の期待「大」な作家さんに会えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

好きすぎてどうしようと思う漫画家さん、ヤマシタさん

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

てっきりヤマシタさんのお話のみ載っていると思い購入しましたが、季刊で出ている雑誌でした。
ヤマシタさんのページは90ページ程の特集です。

インタビューや対談、数人の漫画家さんから寄稿された「ヤマシタトモコと私」、
「くいもの処 明楽 豚トロモヤシチャンプルー品切れの巻」のプロトタイプ同人誌、
待望のBL新作が載っています。

この方がデビューされた当時、新しいタイプの作家さん、なんてオシャレに世界を描くんだろうと
一気にのめり込みましたが、ご本人も作品と違わずスマートでオシャレな方のようです。

「BLを描くのをしばらくお休みします」と何かで見聞きしたときは、一読者としてがっかりしましたが、
非BL、一般の漫画でもヤマシタさんの面白さは衰えるどころか、新しい世界を魅せてくれ、ますます好きになる
作家さんです。

そんな中、しばらくはお目にかかることは出来ないだろうととっくに覚悟はできていたヤマシタさんの新作BL。
新作は数ページですが、やっぱりヤマシタさんの描くBLは、平凡だけど他の追随を許さず。
文学的と下品の間くらい、現実とBLというファンタジーの間を描かれ、言葉選びが秀逸です。
ただ、短いです。
新作か!と意気込まれた方には、ちょっと物足りないかもしれません。

「くいもの処 明楽 豚トロモヤシチャンプルー品切れの巻」のプロトタイプ同人誌は
商業の前に描かれたお話のようです。
好きすぎると同人誌も手に入れたくなるのがファン心ですが、もうこれは手は出せない状況と
なっていたので、諦めていたものですが、思いがけず読む事ができました。
単行本は色々削ぎ落してスマートになっていますが、この掲載分は削ぎ落された部分が見られます。

ヤマシタさんが大好きな方、好きになりそうな方、本当は全ての方にお勧めです。
もうホント好きすぎてどうしましょう。


この「on BLUE」は、他に掲載されている作品も個性的なお話ばかりのようです。
のようです、というのは続き物が多いのでそんな言い方となります。
最近、少女漫画のようなBL、展開もオチもよめるものが多くて飽き飽きしていましたが、
少しリアルで、同性を好きになってしまったが故の苦しさを読む事ができ、前後が気になります。
単行本が出るのを待つか、1〜3まで買うか、悩み所です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本むこうだんばら亭

2011/12/22 00:44

銚子に生きる人々の悲喜

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

江戸の暮らしに絶望した孝助と、途中で身請けした女郎の”たか”が銚子に行き着き、酒亭「いさな屋」を営む。
その暮らしの中で行過ぎる、人物達それぞれの人生の一部を描いた短編集です。

「いさな屋」の主人の孝助と、女将になった”たか”
身請けされたという設定だけ見ると、二人の間には夫婦なのだろうと物語に出てくる
人物達にも思われていますが、色恋は一切なく、それぞれが孤独な寂しさを抱えています。

江戸で女郎屋を営んでいた孝助
遊女であったことの闇を内に抱え、未だ癒せていない”たか”

孝助は銚子でも、生活に困窮した女達の身売りの手助けを裏で続けます。
でもそれは女達を救うために、どうにか身も心も堕ちていくことを
なんとか踏みとどまらせようと、ギリギリまで手助けをするためにやっていること。

その中で、孝助と”たか”が心配しようと、手を差し伸べようとも堕ちていく人、
救われ、暗闇の中から一筋の光を見出す人、今ある現実を受け入れ、歩いていこうとする人。

「いさな屋」を訪れる人達を通して、海の厳しさ、海の恩恵に肖って生きる人々の哀愁が描かれ、
江戸時代の銚子で生きる人々、風景を魅せてくれます。

銚子の町はどこか寂しさと優しさが伴います。
風のせいでしょうか。
以前数年程住んでいた時に感じていたことですが、この小説を読んで、
尚更その印象、余韻が強くなってきました。

この物語の書評ですが、銚子も是非訪れてみてください、とこっそりお勧めしたいのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示