サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. clutchさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

clutchさんのレビュー一覧

投稿者:clutch

4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本山に生きる人びと

2012/01/24 00:22

「忘れられた日本人」好きに。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

サンカ、マタギ、木地師等の山で生きる漂白民について書かれた本。「忘れられた日本人」同様、読みやすい文章で、民俗学の知識がなくても面白いです。著者の作品は文庫も多いですが、手に取りやすい価格の非学術系の文庫は久しぶりではないでしょうか?河出文庫での続刊を期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ルイズ 父に貰いし名は

2012/01/23 23:05

松下竜一の代表作

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトルから内容を想像するのが難しいですが、大杉栄の娘「ルイズ」の人生を書いたノンフィクションです。大杉が子供達にカタカナの名前を付けた話は有名ですが、当時としては非常に珍しい名前を持った遺児達について書かれた本はほとんどないのではないでしょうか?個人的には「砦に拠る」と並んで一番好きな作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ちょっと残念。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

以前の2冊(封印作品の闇、封印作品の謎)が大変おもしろかったので、こちらの本も読んでみたのですが、今回は扱う話題が増えたせいか、各話毎の文章量が少なく、内容的にも浅い感じがしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本皇族誕生

2012/01/23 22:27

今となっては重複が多い。

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は単行本でも読んでおりその時はおもしろく読めたのですが、その後にこの本の内容の一部をより深く掘り下げたかたちで2冊の本が出ており、今となってはそれらの本との重複が多いです。ただ、文庫で安価ですので入門書におすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示