サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あめりサンライズさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

あめりサンライズさんのレビュー一覧

投稿者:あめりサンライズ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本名もなき毒

2012/01/24 00:23

現代に切り込む考えさせられるミステリー

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「誰か」の続編的存在ですが、この本から読み始めても十分楽しめる大傑作です。面白くて、私は一気に読んでしまいました。
ミステリーというジャンルには収まりきらず、現代に対するメッセージ性の強い、深い作品です。殺人の起こり方、登場人物の行動の仕方、様々な場面設定が、まるでノンフィクションかのような錯覚を起こすほど、昨今の時事問題を取り込み、現代の「毒」をテーマに書かれています。
化学的な「毒」から、人間自体の内部に蔓延る「毒」へと焦点が移っていき、展開ごとに良い意味で予想を裏切られ、夢中で読んでしまいます。主人公杉村の言葉には、深く考えさせられるものや、心に残る表現が多く存在します。
私が読んだ感想では、本書の人間自体に蔓延する「毒」は、孤独を端に発した、説明のつかない怒りのエネルギーにあるような気がします。
大震災で絆の大切さが再確認された今、本書を読むと単なるミステリーを超えて、自分の行き方や現代について省みるきっかけを作ってくれるような本でもあり、とてもオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示