サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. もっちりさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

もっちりさんのレビュー一覧

投稿者:もっちり

5 件中 1 件~ 5 件を表示

世界に向けてのメッセージ

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

世界中で人気のワンピースには
日本人の考えを世界に伝える役目があります。
もう面白いか面白くないかだけでこのマンガの価値ははかれません。
この巻ではその役目を十二分にその役目を果たしてくれました。
子供に誰かをうらむよう仕向ける教育の愚かさ
その恨みは大人になっても消えることなく
新たな悲劇を生むことにつながる。
日本では当たり前の考え方です。
世界をみるとそうではありません
日本の考えをもっと世界に広めて
世界にピースを増やしていってほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一生ものの知識

11人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

やさしい語り口で、文章から著者の人柄が伝わってくる。
それでいて 伝わってくるメッセージの内容は熱い。
猫背を治す方法は
体の一番楽な姿勢であり 背筋をピンと伸ばす姿勢が本来の姿ではなかった。
一般的に知られている知識が正しいとは限らない
体のことだけに正しい知識を 一生ものの知識を身につけてほしい
著者の心が不思議と響いてくる。

読み終えて
理由が分かった。
この本には心を伝える方法も書かれている。
その方法が正しく
効果があるからこそ 私の心に響いてきたのだと。




このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

おすすめ

8人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

サッカーの長友選手もやっているトレーニング
体感を鍛えることでケガが少なくなる
見た目の筋肉よりも 人間の動作に必要不可欠な
筋肉を鍛え バランス感覚を磨く。

DVD付きのものと 同じポーズもいくつか含まれているが
こちらの方がみやすい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

壮絶

8人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

死を覚悟して書き上げた作品
詰め込めるだけ詰め込んだ
様々なテーマが詰まっています。
未来予測から病気のことまで
どれも興味深い内容で一気に読める。
未来予測では人口で見た未来予測を
日本だけで見ると人口減少で絶望的だが
これからくるであろうアジア、東洋の時代
そして アジアでの日本の役割を考えると見方が変わる
そこに希望が見いだせる。
これからの日本人が持つべき視点が描かれている
日本人全員が共有した時
本当に変わると思う。
最後の方のページでは
著者の近況として まさかの腫瘍発見後、
死の恐怖から抜け出すため 
著者が今までに得た全ての思考法を駆使しながら
奇跡の腫瘍消滅にいたるまでの
道のりも読み応えがあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本GANTZ 33

2012/01/24 16:28

SFホラーだ

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読んだ感想は一言で言うと気持ち悪かっただ

ここまで来ると
ガンツチームの見せ場は控えめで
敵の不気味さ 敵の攻撃の恐ろしさばかり描かれている
楳図かずおテイストのシーンもある
まさにSFホラーだ

美しいイラストで描かれる残虐性
読者も著者も求めている さらなる刺激
過激な描写になるのは仕方ないとはいえ
少々行きすぎな感じもしてくる。

中和するかのように
この巻の最後には感動的な場面も用意されている

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示