サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. さざんかさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

さざんかさんのレビュー一覧

投稿者:さざんか

12 件中 1 件~ 12 件を表示

書きやすいです

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

エンディングノートはいろいろありますが、これは書いておきたいという項目は全て網羅されています。
 父のように、ボケてしまってからでは遅いので、まだ元気なうちに書いておくべきでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

判例付きだから読みやすい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 就業規則の書籍は、山のように売られていますが、本書のように判例が盛り込まれた書籍はあまり見かけません。この書籍の良いところは、解説と判例のセットで労働基準法及び労働契約法の両面をカバーできている点にあります。また最新の法令に準拠している点も見逃せません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

年金がとても解りやすい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 年金は複雑で解り難いという印象がありますが、この本はその複雑な年金制度を解りやすく書いてあり読みやすいです。また、手続きなどの部分も書かれているため、この1冊で老齢・障害・遺族の年金はカバーできます。この本は、ある程度、年金の知識がある方向けです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

個人型確定拠出年金の決定版

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

個人型確定拠出年金の書籍は数多く出ていますが、この本が一番詳しく書かれていました。2017年改正の確定拠出年金の概要を知ろうと思う人はこの書籍をお勧めします。
 このような書籍は、昨年から今年にかけて読まないと時代遅れになってしまう書籍ですので、早めに読んでおいた方が良いかと思います。
 若い人は、老後不安を若干でも解消できるかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

素人向けの本で助かっています

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今では、パワーポイント2013の本が多い中、まだ2010があって助かっています。この手の本は、読みこなして暗記する本ではないので、一冊は手元に置いておきたいものです。
 パワーポイントをよく使う方は、知っていることばかりかもしれませんが、素人にはありがたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読んでおいた方が良い本です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

親が急死したりした場合、人間は、何をしたらよいのかさっぱり分からなくなってしまうものです。葬儀屋さんやお坊さんは、初七日の法要や四十九日の法要など、自らに関係することしかアドバイスはしていただけません。
 まず、専門家に頼むにしても、何をどうすればよいのかわからいのが現状です。
 この本は、優先順位もしっかり書かれていますので、詳しい内容は各専門家に依頼することとして、薄く広い知識のもとで書かれているので、素人にはもってこいの書籍だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

わかりやすかった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

小さな会社向けの人事評価制度です。人事評価って一体誰のためにするのか、また最終目的は何なのかが簡潔に載っています。この本の通りにできている会社は少ないとは思いますが、自社で従業員の不満が多く、会社にいてほしい人間がよく辞めていく会社は、この本に書かれていることが全くできていないからだと思われます。賃上げが人事評価制度の最終目標だと思っている経営者は、ぜひ読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本人が知らないこと

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は、日本の良いところをすべて紹介している訳ではなく、日本人が「そんなの当然だけど誇れることじゃない」と思っていることが、ハーバード大学では、「こんな素晴らしい文化」と称賛されているという、異文化であるが上に気づきにくい良さや悪さが書かれている本です。
 しかし、この本では、日本も捨てた物じゃないということを書きたいがために、少し美化しすぎている箇所も若干ありますが、今の日本に絶望するな!というメッセージになっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

大雑把な知識を得るための本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

社会保険労務士の試験用ということですが、この本は、本試験で問われる90%程度は載っていますが、完璧な本ではありません。受験を考えていらっしゃるなら、TACの分冊の方をお勧めします。私は、ちょっと確認したいだけなのでコンパクトなこの商品を購入しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

共済年金の仕組みが解ります

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

よく年金本というのは、厚生年金と国民年金が主で共済年金の説明がほとんどされていません。一元化に伴って、共済年金も知っておかないと、一元化のメリット・デメリットが解りません。この本は、共済年金の立場からも結構詳しく書かれています。
残念なのは、追加費用の削減の説明がなかったことです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

Q&A方式でわかりやすい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

年金本って、読んでいても途中で疲れてきそうですが、この本は、Q&A方式なので1事例が2ページ程度なので読みやすい。但し、年金に慣れていない人は読んでも面白くないと思う。なぜなら、レアケースが主で、旧法まで載っているから年金事務所に勤務している人は必読でしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本老後ひとりぼっち

2017/07/17 04:44

内容がイマイチだった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本では、保証人の部分についてはよく書かれていると思うし、納得もできた。
 しかし、自営業者の独身は年金が少なすぎるという点で、忙しすぎて保険料を納める暇がなかったという箇所はおかしい。単なる言い訳にしか聞こえない。独身だからこそ、保険料は納めやすかったはずではないか?。(扶養する人がいなかったため)
 全般的に、自分の思い通りにならない世の中への怒りを文章にしただけの内容で、自分はこうしていれば良かった等の反省も文章に盛り込むべきではなかったかと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

12 件中 1 件~ 12 件を表示