サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 達哉んさんのレビュー一覧

達哉んさんのレビュー一覧

投稿者:達哉ん

2 件中 1 件~ 2 件を表示

子供の遊びにとどまらないdot to dot

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

点つなぎというと、日本では概ね子供の遊びであり、雑誌なども少しはあるものの数独やクロスワードに比べると、あまりメジャーなジャンルではありません。しかし、この点つなぎは、1つの絵に全部で1000個の点を用意し、ちょっとした絵が完成するようになっています。大人が見ても、なるほどと思うような絵です。

国内では珍しい、本格派の点つなぎを堪能しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本竜宮ホテル迷い猫

2012/01/27 17:14

優しい視点、人間好きの視点から書かれた作品です

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「人間好きの児童作家」である村山早紀さんがf-Clan文庫の創刊の際に書き下ろした新作の物語です。ポプラ文庫ピュアフルから出ている「コンビニたそがれ堂」「カフェかもめ亭」「海馬亭通信」が旧作の児童文学作品の再録中心であるのに対し、こちらは全くの書きおろしであるため、やや文体が大人びているように感じます。ですが、村山さんが本来として持っている、人間好きの優しい視点は失われることなく出ており、全体に温かみのある、また児童文学にも通じるところのある表現に満ちています。

筆者がいくつもの出版社から出している「風早の町」シリーズの一つで、上にあげた「たそがれ堂」を読んでいる人にはピンと来る場面もあります。また、2012年1月にこの本より少し遅れて再録刊行となった「海馬亭通信」とは、設定がそれなりに似ているところもあってか、同じような話を違う主人公で書いているのではないかと思わされるところもあります。あらすじでまとめてしまうと非常に短くまとめられるのですが、上にあげたどの作品よりも長く、1冊1作品です。村山さんの短編に慣れていて、中編・長編を読んだことがないという場合には、この本がその1冊目となるかもしれません。短編と変わらない優しさに溢れているため、長くはありますが、決して読みにくいということはないと思います。ただ、元々の短編の描写に近い所があってか、やや描写にくどい所があるように感じられます。まっすぐに通れば何ということもなくすぐにまとめられるあらすじなのにページ数が多いのは、多分描写にややくどい所があるからでしょう。それ故、一気に読むことは出来ませんでしたが、読み終わった後の読後感としては短編を読み終わった程度の、ごく軽いものを読んだという感じのものでした。

この話には続編があるようですが、まだ出ていないので、どうしてもこの本単体の評価となってしまいます。そして、この本単体で見た時、普段それなりに本を読んでいる人には、やや物足りない、中長編を読み終えた後の充足感に欠けるという難点があります。文庫一冊にしては少し内容が薄いように思います。その観点から、星を一つ下げました。

優しい視点で書かれているためのくどさで、少しつかれることもありますが、基本的にはあまり読書に親しんでいない人が読んで面白い作品だと思います。読書好きの人はページ数は長いけど短編という感じで読むのが良いと思います。また、作家買いの人はいつもどおりですので存分に楽しめると思います。村山さんらしい作品であり、人気の「たそがれ堂」の後に手にとって貰えればいいなと思える作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示