サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. しろこさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

しろこさんのレビュー一覧

投稿者:しろこ

4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本鐘の音は恋のはじまり

2012/02/08 22:06

ロマンス版おとぎ話が読みたい方におすすめ

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

おもしろかったです。
全体としてみるならロマンス版のおとぎ話です。
ヒーローの凍った心を少しずつ溶かしていく、ちょっとドジなヒロイン。
ヒーローが何度もヒロインにひどい言葉を言いますが、毎回それをフォローしようとしています。
そんなことが積み重なって最後のクライマックスを読むと、そんなだったヒーローの周囲の視線をものともしない行動に号泣してしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本気高き豹と炎の天使

2012/02/08 21:56

相変わらずのアツアツ具合と物語はさらに深く

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

毎回楽しみにしているこのシリーズ、今回もひたすらヒロインを求めるヒーローがいいです。
2人には昔からの深い絆と壁が同時に存在するのですが、その絆でどうやって壁を乗り越えていくのか、ヒーローの『何があっても、やっぱり自分にはヒロインがいなくちゃダメなんだぁ!!』というつよい思い・・・いいです(*^^*)
既刊の登場人物たちも要所要所で登場して、思わずニンマリさせられます。
物語全体としてはさらに謎が深まるものもあり、目が離せません。
どんどん世界が広がっていくような気がします。
シリーズ最初から読み返してます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本事件記者ソフィ 贖罪の逃亡

2012/02/08 22:20

どうなっちゃうの?!ヒーロー!!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この事件記者シリーズ、題名からだけだと一見ロマンスのように見えませんが、毎回すごくロマンスしてます。
今回もヒーロー、かっこよすぎです。

当然最後にはハッピーエンドになるはずなのですが、作中悪い奴に陥れられて胸が痛かったです。
悪い奴はとことん悪い奴でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜風のベールに包まれて

2012/02/24 21:40

少し昔にもどったリンダ?明るいロマサス

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この方の著書、全部読んでいます。
最近、いろいろな方が同じように言っていましたが私も思っていました。
近年のリンダはどうもいまひとつ・・・・。
しかし、今回のリンダは違います!!
まるで少し昔に戻ったかのような感じです。あえて言うなら『パーティーガール』あたりでしょうか。
ヒーローとヒロインのやりとりが軽妙でププッと笑えます。
ヒーローのコーヒーにまつわる話が全体のアクセントになっていて、主体の話が何となく進むのを防いでいます。
明るいロマサスといった感じでしょうか。
こういうストーリーはやっぱり加藤洋子さんの訳がはまってます。
犯人はわりとわかりやすいので★四つで。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示