サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. らうろさんのレビュー一覧

らうろさんのレビュー一覧

投稿者:らうろ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本印象派という革命

2012/02/10 02:03

印象派の画家の背景の歴史を交えながら、その画家の生き方が決まった事情を克明に書いている

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。


19世紀の後半、サロンは凋落したといえ、やはり権威はあった。

社会は、革命が繰り返されていたとはいえ、旧貴族、新興ブルジョワ、労働者階級で、自ずから態度、考えが違う。裕福なものからの援助や、人間関係が交錯する。「印象派展」は、第一回は印象主義を定義する展覧会であったが、サロンに戻る画家、印象主義さえ捨てる画家、また、印象主義でない画家が「独立派展」に名前を変え、そして、そこにかかわりそこから販路を広げた画商の登場。

また、王党派と共和制派の政治態度の違い、経済危機からユダヤ人への態度つまりドレフュス事件への態度など、みな異なり、離合集散をする画家たち。そんな糾える縄が、全体を読み終わって強く印象に残る作品であった。

木村さんは、大学で印象派の講義の受講時にフランス近代史が必修であったそうであるが、印象派の歴史は、フランス近代史の一面であることがよくわかる。

また、一般に美術史は世界史の一側面であることもよくわかる良書である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本管理職の本分

2012/02/09 20:16

多くのビジネスマン読者へ送るエールである

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

名門生保会社が経営破綻し、外資系企業に買収されるまでの経緯や背景を描いた小説。「千代田生命」がモデルのようだ。

更正特例法の適用→破綻生保組織のミドルである主人公と、管財人として乗り込んできた弁護士や外資経営層との攻防シーンでは、それぞれの思惑や利害関係を浮き彫りにしたところが興味深い。

加えて、破綻企業の有力資産に食指を伸ばす政治家に対して、非難を込めた主人公の台詞が印象的だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示