サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. P子さんのレビュー一覧

P子さんのレビュー一覧

投稿者:P子

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本歪笑小説

2012/02/15 09:24

面白いだけに・・・

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

作家と編集者、そして作家の家族の視点から書かれた業界もの。
さすが東野さん!な面白さ。
もちろん大げさに書かれているのだろうけれど、こんな人いそう!と思わせる。
売れてる作家とそうでない作家への編集者の接し方、作家家族の思い、
リアリティがあってぐいぐい引き込まれた。
そして面白いだけではなく、図書館問題にも触れているのが東野さんらしい。
こういう作品で触れられると、問題にも入っていきやすく非常に考えさせられた。
ただ残念なのが「小説誌」について。
小生意気な中学生が編集者に「小説誌」の存在意義について問いただすのだが、
編集者が情けなく感じられた。
小説誌を、作家の下書きだ、とか読者のためではなく作家のためにある、などと
言う中学生たち。
事実、痛いところをついているのかもしれない。
しかし小説誌にも存在する意味があると私は思う。
値段が高い、と出てくるが、何人もの作家の文章に1冊で触れられるのだから
むしろ贅沢で安いとすら思う。
確かに長編ものは続きから読むことになる場合もあるが、途中から読んで
その作品が気になり、単行本になったときに買う人もいる。
作家同士の対談などの特集があったり、小説誌ならではの面白さがあると思う。
この話の中では、問いただされた編集者がキレながら(?)日頃のうっぷんを
晴らすように中学生の意見に同調する。
彼のキャラクター上、そういう設定もありだとは思うが、彼の上司が泣きながら
彼に賛同したり、編集部の皆が拍手する、というのが情けなった。
現実には小説誌の仕事に誇りを持っている編集者の方がいるはずだし、そう思いたい。
もちろん、東野さんはこんなことは百も承知だとは思う。
しかし、この作品を読んで「小説誌ってそうなんだ」と思ってしまう人がいるのも事実。
業界の裏を書く、とうたっている以上、もう少し色んな意見を取り入れても、と思った。

大変なお仕事の小説誌編集者の皆さん!頑張ってください!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示