サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 町から森へさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

町から森へさんのレビュー一覧

投稿者:町から森へ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本オオカミの護符

2012/02/15 16:39

オオカミの護符

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「オオカミの護符」 小泉美恵子 著  新潮社(2011年刊)

 たいへんに面白い本でした。なんと言っても川崎、東京都に隣接する京浜工業地帯という圧倒的なイメージを待つ大都市川崎。そこに、かくも古くて懐かしい風景が開かれていくとは!読者はその意外性にまずもって驚かされることになります。
発端は、著者の実家、現在の川崎市宮前区土橋にある土蔵に貼ってあった「黒い獣の護符」に著者が興味を抱くところから始まります。この獣が「オオカミ」であることはすぐに判明するのですが、この「オオカミの護符」の由来を尋ねる過程で、護符を取り巻く様々な風景(今につながる)に出あうことになります。
 例えば、東京都青梅市にある御嶽神社(みたけじんじゃ)信仰を中心に据えた御嶽講の世界。土橋にも御嶽講中が今も厳然として残り、御嶽神社を目指しての講中が毎年行われているということ。また、この講を先導し宿を提供し、さまざまな面倒を見るなど、宗教的にも重要な役割を果たしてきた「恩師(おし)」と呼ばれる先達の存在。「講」が地域社会のなかで受け持っていた様々な役割―相談、相互扶助、豊穣の祈り、雨乞いから、山や川に対する感謝、無事安全の祈願、そして村人こぞっての娯楽―を一つ一つ発見して確認してゆくことができます。そこには、今ではすっかり失われてしまったと思われる、小さな共同体の、長い長い歴史。そこで培われてきた人々自然と神(宗教)とのつながりの痕跡が、あきらかな形で残っているのです。
 更に私たちが気がつかなかった事実に目を向けられます。それは武蔵国の遥かな拡がりです。かつて「武蔵七党」といわれる武士たちが、馬を駆っていた茫々たる野原から、遥か北に北に、秩父山塊まで、そして更に延々と東北まで続く深い山並みが続いていたという日本列島の形態、そこにはいつも人々が通う路があり、小さな村があり、確かな生活があり祈りもあったという事実には、改めて目を開かれる思いがします。広い世界と小さな人間との交流が、ゆったりとしたなつかしさとともに描かれています。
 三峯神社の神事(奥宮祭)が、オオカミのほえ声(と思われる咆哮)で始まるということ、オオカミが出産する時発する声を聞けるのは「こころ直ぐなる人」だということ。狛犬が関東ではオオカミの姿をとっていることが多いことなどなど、オオカミ信仰が人間たちに果たしてきた役割の大きさを、改めて認識させられます。あわせて、いろいろな意味で、畏れ、を失った人間たちの今を考えさせられる本です。
 川崎から青梅、御嶽神社、三峯神社・・・と、昔の人々が辿った道筋を訪ね歩いてみたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示