サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. くま先生さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

くま先生さんのレビュー一覧

投稿者:くま先生

1 件中 1 件~ 1 件を表示

人との関係の中で育つ自閉症児の心の内を読みとく醍醐味を読者とともに(著者より)

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

小学校6年間、音に対する感覚過敏というようなことを感じなかった自閉症児のりょうた君が、中学生になって、イヤーマフ(プロテクター)をして私の前に現れた。なぜ?という思いがいっぱいになり、もっと自閉症児の人間としての内面を見て欲しいと思い書き上げたのがこの本である。
障害特性や対症的な取り組みを学んでみても、目の前にいる自閉症児その人のことが見えてこない。多くの保護者や先生のジレンマではないだろうか。
本書の主人公、りょうた君たちとの6年+αの関わりが教えてくれたことは、障害にとらわれるのではなく、子どもそのものを見ることである。読みとくキーワードは、『人間関係』『言葉』『安心感』である。
自閉症児に多い偏食。食べようとする意欲を起こさせるのは、安心できる人間関係であった。(『人間関係を食べる』)
社会性に弱さがある自閉症児が、仲間たちとの人間関係を求めていこうとする人間らしい姿を見せる。(『クッキー、誰にあげるの?』)
こうしたやわらかい心を育てていくのは、仲間や先生、親との人間関係である。今、支援教育で進められている「個別の指導計画」は、『個別』に重点が置かれすぎているのではないだろうか。人との関係の中で、彼らが育って行く過程を是非感じて欲しい。
あなたの目の前にいる彼らの心の内を読みとき、ともに感動する自分を感じて欲しいと思う。その一助に本書が役立てば幸いである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示