サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. setsuaさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

setsuaさんのレビュー一覧

投稿者:setsua

24 件中 1 件~ 15 件を表示

久々に泣かされましたね

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

三橋貴明氏の著作の中でもこれは最高傑作といってもいい素晴らしき作品です。明治、大正、昭和の激動を生きた高橋是清の晩年にスポットを当てた歴史小説でもあり、現代の政治にもそのまま役立てる政策提言集でもある。主人公は現役総理大臣でありその就任1年目の演説や、その主人公に対して綴られた高橋是清からの手紙のくだりは涙腺が刺激されました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

言語とは単なる道具ではない

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

昨今の過剰なまでのグローバル信仰に警鐘を鳴らす一冊。
現在の状況だけでなく英語の教育の歴史をも提示しそれがどういう影響を日本に与えてきたかを教えてくれます。言葉とは過去の歴史の積み重ねであり、それがなければ言葉にならない。そのことを改めて気づかせてくれた本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

タッチの続編

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タッチの続編ときいて迷わず買ってしまった今作。明青や勢南の名前をきいただけでワクワクがとまりませんね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

盛り上がってきました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ついに今巻で物語の鍵となる人物の過去が明らかになってきます。
なぜヒロインは主人公を憎むのか判明します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

警鐘をならす本

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトルは過激ですが、中身を読むとそこまで大げさでないことがわかりますね。
それにしても我が国は1周どころか2,3周遅れているんですなあ・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本国土が日本人の謎を解く

2015/10/02 18:30

災害から見る日本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

災害大国日本。
ありがたくもない冠詞をつけられた我が国ですが、確かにつけられても仕方ないほど
災害の大きさ、多さに驚きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読むなら下巻とあわせて

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

黒博物館シリーズの新作の舞台はクリミア戦争。
実在の人物、場面を絡めて行われる舞台のような演出はとても面白い

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本保守とは何だろうか

2015/09/12 00:09

保守なるもの

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

残念ながらわが国には政党としての保守政党は存在せず、保守論客は各政党に僅かずつしかいないようですね。願わくば政界再編がおこり新自由主義を脱却した真の意味での保守政党の誕生を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本QED伊勢の曙光

2015/09/08 00:12

シリーズ完結

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

歴史ミステリーシリーズこれにて完結です。といってもスピンオフの毒草師シリーズはまだ続くのであまり終わった感じはしませんが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本惑星のさみだれ 10

2015/09/08 00:10

最終巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これにて完結です。成長物語、王道ファンタジー、ラブコメ、バトル、どれをとっても高いレベルでまとまっていた良作でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本本能寺の変431年目の真実

2015/09/08 00:06

新しい説登場

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本能寺の変にまつわる真相解明本は多岐にわたりさまざまな説が百花繚乱ですがこれはその中でもとても面白く読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本働かないアリに意義がある

2015/09/02 00:00

組織の完成形のひとつ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

単純な効率論から言えば働かないアリは確かに無駄である。しかしその場合不測の事態一つでそのアリの巣のアリは全滅である。
組織のあり方、ひいては政府のあり方までアリから学ぶことは多くあると感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

感動の最終巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

怒涛の伏線の回収。お見事の一言につきる展開で一気に読破です。
一巻からこの最終巻まで綺麗に繋がっていたんですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

珠玉のラブコメディ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

青年誌に活動拠点を移した著者の渾身の作品です。
上下巻でクリミア戦争を舞台にした一つの舞台となっています。スポットライトの使い方が実に巧みで引き込まれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

コンパクトな良書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者の主張のまとめになっている本ですね。各テーマの広い導入には大きく役に立ちます。これを読むと知識欲が刺激され各テーマ
についてもっと深く知りたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

24 件中 1 件~ 15 件を表示