サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. さめざめさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

さめざめさんのレビュー一覧

投稿者:さめざめ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

名人に香車を引いた男

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「名人に香車を引いて勝つ」と書き残し、13歳で家を出た升田幸三の自伝。

名人に香車を引く。
要するに名人に対して挑戦者がハンデを取って挑むと言うのだ。
あまりにも無謀。あまりにも荒々しい。
だがこんな夢を掲げられる程に彼は強く、更にその強さは定跡を打たない、大胆な魅せる将棋を指すのだから、つくづく格好良い。

漫画の主人公にピッタリな気がしてくる。
冒頭、幼少時に女の子との口ゲンカから日本刀で斬りつけるエピソードからして凄まじい…。
こんな彼の破天荒で強烈なエピソードがいくつも語られ、将棋を知らなくても読みやすく、勝負師の緊張感、駆け引きなどに読む手が止まらなくなる。

また、戦後GHQ高官に呼び出された際の大立ち回り。
チェスと将棋を比べられ「将棋こそ民主的だ」との反撃。
そして「巣鴨の戦犯を殺さず手駒として使え」などと言ってのける、大胆で説得力のある言葉などには、唸らされてしまうのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示