サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ねこさんさんのレビュー一覧

ねこさんさんのレビュー一覧

投稿者:ねこさん

59 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

ナオミとカナコ

紙の本ナオミとカナコ

2014/12/08 01:52

おもしろい

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ハラハラドキドキ!2時間で読み終えた。非現実的な話だけどサスペンスドラマとして読んだらとてもおもしろい。人殺しは良くない、わかってる。でも2人に頑張れ、頑張れと応援した。逃げて、逃げて、ずっと逃げ続けて。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人魚の眠る家

紙の本人魚の眠る家

2015/11/26 00:53

価値ある一冊

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読み終わったあとしばらく呆然としてしまった、物語の世界に入り込んだままなかなか現実の世界に戻ってこられなかった。私には子供がいないけど自分がもし薫子の立場になったら…行き過ぎる行動だと思っても薫子の気持ちはよくわかる、だって心臓が動いているんだから、呼吸しているんだから、暖かいのよ、生きているのよ。

でも移植しかない病気の子供を持ったなら…きっとどうかドナーが現れますようにと祈るだろう。自分自身が患者でもドナーをと切に願うだろう。
それは誰かの死によってしかかなえられない事だとしても。

何が正しくて何がまちがっているなんてわからない。自分の価値観を人に押し付けてはいけないし思想統一しなくてもいい。

もし薫子が包丁を突き刺していたなら薫子の裁きはどうなるのだろう、教えて欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ねことじいちゃん 2 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

良い!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ねこじい1に続いて2もとても癒されました。ほのぼの、そしてちょっとハラハラ。タマさん、大吉さんを心配させてはダメだがね。大吉さんもタマさんも厳さんも長生きしてくださいね。今回は回想シーンが多くてタマさんの出番が少なかったような気もします。ばあちゃんとタマさんのエピソードももっともっと見たいです。
ねことお年寄りの町、どこにあるのかなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幸せの条件

紙の本幸せの条件

2015/09/06 01:00

深い

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まず1ページ目から引き込まれてしまった。あまりにわかりすぎる梢恵の状態と気持ち、うん、この主人公には共感できると確信し読み進めた。途中専門的な事柄がでてきてやや退屈な部分もあったけど期待通りの話だった。震災の話があり阪神淡路大震災を体験した私には胸の痛い思いだった。忘れかけていた…忘れてはいけない。
登場人物がみんないい人で実際はそんなにうまくはいかないと思うけど読み終わってホッとした、読んでよかったと思う。そして片山製作所の社長の話は胸に響いた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幸福な生活

紙の本幸福な生活

2014/02/09 17:09

軽くておもしろい

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

題名にひかれて購入しました。ずっとミステリー物が好きで殺人だの犯人を追うなどの話ばっかり読んでいたのですがこの頃のほほんとした物が読みたくなって…短編集という所も購入の理由です。気負わず暇つぶしにぴったりの本でした。暇つぶしと言っても内容はどれもなかなかこっていて短い話の中にちゃんと物語がありました。おもしろかったです。これからも軽くてちょっと「クスッ」とするような本を期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ねことじいちゃん 1 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

癒される

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ほのぼのしてていいなぁ。ねこ大好きだけどマンションなので飼えなくて…。小さい頃家にいたねこのタマを思い出してちょっとうるうる。。大吉さんの家に住み込みたいなぁ…大吉さんのほくろ、かわいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幹事のアッコちゃん

紙の本幹事のアッコちゃん

2016/03/29 23:32

元気!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

こんなにうまくいく訳ないよ、と思いながらも元気になれる、登場人物が良い人ばかりで真実味がないけどやっぱり最後はニコッと笑ってしまう1冊。女子には特にお勧め。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

嫌な女

紙の本嫌な女

2014/10/21 01:50

もっと早く読みたかった!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私は夏子タイプが苦手と言うか嫌い。でも結局私も最後は夏子を応援したくなった。徹子がこの我儘なうそつきの遠戚の夏子を迷惑だと思いながらも嫌っていなかったから…。私には人を楽しくさせる事などできないし男の人にももてないし…だから余計夏子の事を嫌いだけど、だけど「いつまでも頑張れ!」言いたくなる。徹子が自分の存在価値を見出せた時私も嬉しかった。私にはひとみさんのような人はいないけどふと立ち止まる時があったらこの「嫌な女」を読んで励まされようと思う。
ここまで感情移入できた本は本当に久しぶりです。読み返しては遺言のところで何度泣いたでしょうか、私は弱いのですぐ泣いてします。この作家さんの本は初めて読んだのですが私の心の琴線をつま弾かれました。ブログも読みましたが桂さんの文章のうまさなのか、日頃思う事など私の心の壷にはまります。そうそう!あるある、わかる~って感じで。うまく言えないけど桂さんの文章に出会えてよかった。
これからどんどん読みます、桂望実さんの本とブログ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

憧れの女の子

紙の本憧れの女の子

2017/05/26 01:40

良い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

短編集だけどとても面白かった。
憧れの女の子は特に最後が良かった。

どの話も何度も読み返しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

君は素知らぬ顔で

紙の本君は素知らぬ顔で

2017/04/09 22:04

ゆうちゃん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

どの話にもゆうちゃんという女の子がでてくる連作短編集。
話が進むうちにゆうちゃんは子供から大人になっていく。

人はいろいろな角度から見ないといけないなと思った。
傷つけられてると思っていても本当は優しさだったりする。

最終章「おぉ~!」と叫んでしまった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

僕とおじさんの朝ごはん

紙の本僕とおじさんの朝ごはん

2016/04/08 02:22

悲しい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

購入して1年、読むのがもったいなくて置いておいた本。読みました。題名から明るい内容かなと思ってました。違いました。あっけな過ぎる僕の死。悲しいけど僕はすごく強い。私も何にも執着せず生きていけたらいいのにと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ワクチンX 性格変更、承ります。

私なら

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私なら絶対ワクチンを入れます。後悔の20年でも構いません。もう何十年も後悔の時を送ってきましたから。「心の強さ」を10セットお願いします。

鏡にうつる自分に「今までよくがんばってきたじゃない」と言ってみました。私は泣いてしまいました。
桂さんの本はいつも私に何か教えてくれます。桂さん、私に強い心を、泣きながらでも前に進める強い心をください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ひとりぐらしも何年め? (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

お勧め!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

たかぎさんのひとりぐらしシリーズは全部読んでいますがどれも面白いです。「うんうん、そうそう!」と共感できるし役立つ事もあるしひとり暮らしの人には絶対お勧めです。今回はお弁当の写真やネコちゃんの写真が載っていて作った話じゃなくたかぎさんの本当のお話しだと改めて実感できました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

我が家のヒミツ

紙の本我が家のヒミツ

2015/10/05 02:01

家族シリーズ大好き。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この「我が家のヒミツ」も期待通り。短編なのに一話一話にたっぷりと登場人物の心が思いやりの気持ちがつまってる。悪い人はいない、みんな良い人だし良い人に恵まれていて私の心がホッとする。身近な人の死で温度差を感じるってよくわかる。悲劇と嘆くか運命と諦めるか、AプランもBプランもあるんだなって大西さんに教わった。妻を思う夫と頑張る妻、気持ちは一緒の息子たち、私もうるうる。。。奥田さんは絶対このシリーズを続けてくださいね。「家日和」「我が家の事情」ももう一度読み返したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本日は大安なり

紙の本本日は大安なり

2015/09/04 23:26

どんな仕事も大変。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

表紙がなんか怖くてホラー物かと思ってました。読んでみると地味に面白い。サプライズにはもらい泣きしてしまいました。最後主人公がしあわせになれて嬉しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

59 件中 1 件~ 15 件を表示