サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 花詞さんのレビュー一覧

花詞さんのレビュー一覧

投稿者:花詞

5 件中 1 件~ 5 件を表示

友達って難しい。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2巻はイムの過去にドッツプリと浸かる回です。内容から思うに重い・・・非常に重い。みんながみんな誰かの事を思ったが故に起きた悲劇。ある者は、自分の保身の為。ある者達は、多くを救う為に一人の命を。ある者は、避けられぬ運命を打ち壊そうとしたが為。その結果、一人の者は友に裏切られたと思い世界を恨み友を恨み・・・・・と中々に辛い回です。ですが、それ故に陽乃芽ちゃんの伝えたい事がよりダイレクトに伝わった気がします。友達というのは何とも曖昧ででもその癖深く入り込む時もありそれが時には、自分を照らす太陽にも足枷にもなりえるのかもしれません。友達というのは中々に難しいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本equus

2015/10/31 21:12

偏見無しに良い本だと思います。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

テレビで紹介されて気になり買いました。外装は非常に神聖的なものなのですが中身はとてもさみしがり屋の傷つき屋のとてもとてもプラトニックな方たちの優しい物語。読みながら、この時この瞬間がずっと続けばいいのにな・・・と贅沢で叶わない願いを考えてしまい読み終わる頃には感傷に浸りきっている自分がいました。この本買ってよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「優しさ」の行方

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1巻に続き2巻もちょうどよいほのぼの感があります。しかし今回はそれだけではなく、少しシリアスな話も織り交ぜられています。ですが、その中にも「優しさ」があります。優しさ故に人を遠ざけ傷つけ、優しさがあるから人の心を豊かにできる。そして今回では、アストラさんの過去に大いに触れます。そこにも多様な感情があり、目が離せません。3巻が早く読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本噓つき探偵・椎名誠十郎

2015/05/09 16:26

サクサク読めます。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトルが気になり今回買ったのですが、買ってよかったと思っています。
設定としてはよくある様に思えるものでした。依頼がある主人公とそれを請け負うことになった探偵とその補佐を任されている刑事。非常にシンプルですが其れだけに幅広く扱えるという武器があると思います。
この作者の場合はそれが「嘘」だという事です。犯人自体はすぐ分かるのですが、そこからが「嘘」の見せ場でもあります。中々犯行を認めない認めない。嘘をついた上の嘘それがリズミカルで面白くでも、やっぱり待ってるのは切なさで・・・
非常にテンポよく読めその中に真贋入り混じれページを進める事にそれが本当は「真実」だったのか「嘘」だったのか又そこにあるのは自他を傷つけるものなのか、誰かを慈しんだ結果なのか。
最後のページ迄、まだ「嘘」はあるんじゃないか、それは本当に「真実」でよいのか。
そんな風にサクサク読めて意外と有意義でした。
次巻が出たらまた買います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読み終わってから帯を読めば尚・・・

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読み終わった後は毎回の通り、何とも言えない気持ちが多数を占めました。表紙にもなられているお笑い芸人の話はページを進めていく事に感情移入していった自分がおりこの話を読み終わるラストページの相方の言葉を聞いたうえで帯の文字を読むと尚、この物語を深く感じれる気がしました。そして、読み終わった頃には結構な疲れと自分の事や周りの事とか無駄に考えたり、でも最終的には結局、続きが読みたいなという気持ちにさせられるそんな3巻でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示