サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. KYさんのレビュー一覧

KYさんのレビュー一覧

投稿者:KY

13 件中 1 件~ 13 件を表示

紙の本そして誰もいなくなった

2015/06/01 22:39

おすすめ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

推理小説の古典中の古典ですが、そうなるにはそれなりの理由があるということで…とても面白いし先の読めない展開です。訳もそんなに悪くなかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本東京奇譚集

2015/06/01 08:02

お気に入りの短編集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

村上春樹の短編集の中で一番好きなのがこれ。特に腎臓石の話が残す何とも言えない余韻は、初めて読んでから5年以上が経った今でも自分の中に残っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ただただ尊敬

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この年齢で(といっては失礼かもしれませんが)、これだけのルーティンを自分に課し続けられるのは単純にすごいし尊敬します。自分がフルマラソンを走るきっかけになった本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本だるまさんと

2015/05/31 19:53

子ども受けがすごく良いです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1歳の我が子は一人でページをめくりながらペコッとかギュッとか真似しています。一緒に読む時は声を上げて笑うなど、いつ読んでも受けの良い一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ぼくは勉強ができない

2015/05/31 19:49

おすすめ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

遊びの部分がないと人間としての深みとか面白さはなかなか出てこないということを教えてくれた本。30間近の今でもたまに読みます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

おすすめ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

村上春樹は何だか苦手…という人は多くいるようですが、そういう方にもおすすめ。小澤征爾という巨匠の、そしてクラシック音楽の魅力の引き立て役として良い仕事をしていると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

やや懐疑的ながら総じてアグリー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

GiverはMatcherやTakerに都合の良いように使われてしまうのではないか…という当然の疑問にもしっかり答え、且つ対処法も示唆しています。が、実際のビジネス環境ではそううまくいくものでもないのかなーという疑念は拭えず。読み物としてはなかなか面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本モモ

2015/06/01 22:43

大人が読んでも楽しめる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

児童文学とはいえ、大人が読んでも楽しめる内容になっています。仕事に追われて忙しく味気ない日々を送ることに慣れてはいけないなぁと身につまされました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本経営に終わりはない

2015/06/01 19:16

良いビジネス書、読み物としても面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本田宗一郎の右腕と言っては語弊があるかもしれない。それほどの重要な役割を主に表舞台に立つことなく真っ当した藤沢氏の本。適材適所の重要性、お互いを補い合うビジネスパートナーを見つけることの重要性がよく分かりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本人質の朗読会

2015/06/01 19:08

とても静かな作品です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

他のレビューにも書かれていることですが、小川洋子さんの作品にはドラマチックな展開はあまりなく、淡々と物事が進んでいく(何か・誰かが死んでいく)ものが多く、そのためとても静かな印象が残ります。それでも何故か心に残るものが多く、読む度に不思議な思いをするのですが、本作もその例外ではありません。本作について言えば、死んでしまうことが分かっているからこそ感じられる日常の些細な喜びのようなものがそのエッセンスになっているような気がしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本告白

2015/05/31 19:46

少し冗長

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

女教師による「告白」以降は少し冗長に感じてしまった。とはいえ話としては面白いし、何冊か読んだ著者の作品の中では最も面白かった。映画も良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

思った以上に汎用性あり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

基本的にはWebサービスを念頭に置いた本。それ以外の仕事に就いている人にも、Leanの概念はそれなりに参考になると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

万人向けではない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読むだけでは何も意味がなく、それなりの労力をもって課されるタスクを実際にこなして初めてインサイトが得られる本だと思います。従って、相応の覚悟をもって、時間をかけても構わないという人以外は読んでもあまり意味がないです。逆に言えば、しっかり臨めば何かしらの学びがあるのでは。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

13 件中 1 件~ 13 件を表示