サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. amishaさんのレビュー一覧

amishaさんのレビュー一覧

投稿者:amisha

269 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

肩の力を抜いてパパッと料理!

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

食べることは毎日のこと。一人だとついついずぼらに、両親の分を作るとなると、つい和食が多くなって代わり映えしない。ちょっと気の利いたものを作りたいんだけど、買い物や下ごしらえに時間がかかるのは・・・と、あれこれ悩みは尽きません。

土井先生の本は、忙しい時はお味噌汁とごはんでいいよ!という前置きがあって、ふっと肩の力が抜けました。がんばらなくてよいというのは、とてもありがたいことです。文字通り、目の前にある食材をあるがままに美味しくいただけるレシピが見やすく、4種類づつ、惜しげも無く紹介されています。春から新生活が始まる人にもお勧めいたします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本一汁一菜でよいという提案

2018/11/03 11:05

祖たちの教え

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ヒトは飢餓の時期がうんと長かった。食べられるということ自体の大切さと、肩肘はらずに祖たちに習う姿を教わった気がします。土井先生の言葉に助けられた人たちがどれだけいることでしょう。洗米をしておくだけで、どんなに忙しくてもご飯を炊けるようになり、今まで何にこだわっていたんだろう?と思い返しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍おうちでできるおおらか金継ぎ

2019/01/07 12:43

おおらかという表現に惹かれて

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

工芸というと、特殊技術で一般人にはほど遠いものだという印象を覆された一冊。失敗しても、またやり直しできる。漆に対する敷居が下がり、とっつきやすくなりました。
祖父の残してくれた食器や花器などを補修して大事に使いたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

短編映像で配信してほしい内容ばかり!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者が専門家であるので、実際の体験経験に基づく正確な情報が得られる。しかも、専門的過ぎず、よみやすいコラム形式。そして、そこらの怪談話よりよほど怖いゾクゾク感もあり、また、清潔過ぎる現代が果たして良いのか?など、衣食住の環境によって、人は様々な感染症と共存し、時に厄介なめにあい、死に至ることもあるんだなぁと感心する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

虫博士の赤裸々な生態

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

NHKのラジオ聞き逃しサービスで著者の話を聴き、少し前のことが走馬燈のようによみがえった。前の職場でお世話になったN博士のおかげで、著者の来館に立ち会ったことがある。その時は、アリの巣に寄生する土壌昆虫の写真をみて、こんな写真どうやって撮るんだ?という素朴な疑問し浮かばなかった。
ラジオを聴いて、すっかりその語り口に魅せられ、手に取った一冊。
この本を読んで、ドン引きするか、抱腹絶倒するかは、読み手の感性に拠る。
元同僚で先輩のN博士のおかげで、この本を手にする機会を得た。
この本には、著者の生い立ちや虫愛は勿論のこと、研究に向き合う姿勢、調査地での数々の珍事件や病気、そして二次元美少女に至る云々まで、博士の赤裸々な生態が綴られている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍わたしの日々

2015/11/30 18:55

水木しげる先生!ありがとう

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

道中お気をつけて!
あの世で是非ともお会いいたしましょう、フハッ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人たちよ漫然と生きるな!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ここに登場する若者たちは10代から30歳になるぐらいまでの人たち。
学生だったり、研究の道を選んだり、様々な社会活動に積極的に参加し、行動を起こしている。なぜ、そうするに至ったか。これから自分達が生きる未来について、自分達の祖先が作ってきた社会について、様々な切り口で未来への希望を失わないために、何をするべきか考えている。
 中には両親や育った環境が恵まれており、そういう思想や思考に結びつきやすい人たちもいるが、本当に明日をどう生きるか差し迫った状況から遠い未来に想いを馳せるに至った子どもたちも少なくない。
 毎日を漫然と生きている大人たちへの、辛辣な批判であり直訴である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

妖怪と古生物と夏のおもひで

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は、忘れもしない。大阪大学で古生物と妖怪の関係性をおもしろおかしく紹介する展示と講演会があった際、著者のひとりである荻野氏の著作と知って求めた。
気温38度超えの日に頑張って講演会に赴いたにもかかわらず、長蛇の列・大入満員で入れなかった。でもギャラリートークは聞けた。夏になるとこの思い出と共に、この本を取り出してパラパラ読み返したくなるのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本あべ弘士どうぶつクイズ教室

2020/07/05 17:00

さすが!と舌を巻く問題がズラリ。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

さすがのクイズ本。
おとなもこどもも、もっと人間意外の生き物に興味を持つべきだよね。
飼育員を経てイラストレーター、絵本作家と活躍しつづける著者の、
嘘がない、でもユーモアたっぷりのクイズ本に舌を巻きました。
いろんな人にもおすすめしたい、そして何度も読み返したい。
実際の生き物にも会ってみたくなる一冊

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ゴリラの国に留学して

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ゴリラの国へ留学してきたという著者。ヒト、サル、ゴリラ、霊長類は他にもあるが、一体何が違うのか。ヒトは本当に進化してきたのか。ゴリラにあって、サルやヒトには無いもの。それは進化と共に置き忘れてしまった共生の心なのかしら。コミュニケーション能力や他者を慮る能力に長けているゴリラの国から戻ってきた著者が、これからの人間社会のあるべき姿について、非常にわかりやすい語り口で述べている。ひとつの文章量も読みやすい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ルリユールおじさん

2020/02/15 16:52

大切なものを次世代に残す技術

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本にはない仕事と書かれているが、表装や文化財の修復にも似た仕事だと思った。本を修復し、次世代に受け継ぐ。出版と印刷が分かれていたからこそ、生まれた職業とあり、西洋の出版・印刷の歴史にも興味がわき、装丁という職人の世界にも魅力を感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本絵本の力

2020/01/19 09:22

阪神淡路大震災から四半世紀を迎えて

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

3人による対談や講演をまとめたもの。生きていく上で、どんなときにどんな絵本に出会ったかなど、悲喜交々のエピソードにうなずきながら読んだ。
近しい人の死や被災などの哀しい体験をした後のグリーフケアについても触れられており、阪神淡路大震災から四半世紀なのだと改めて感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

児童労働の過去、そして今も続く現実

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アメリカの数十年〜100年ぐらい前のできごと。写真は劣悪な労働環境を非常によく物語っている。そして残念ながら、今もこのような出来事は無くなっておらず、世界各地で起きている。カメラでの撮影が今ほど簡単では無い時代に、重い器材を抱えて各地で撮影を行い、最終的には貧困にあえぎながら無くなった1人の写真家の歴史。彼が目指した公正・公平な社会。人間らしく生きていける社会が持続可能なものになることを願って止まない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本福島モノローグ

2022/05/09 10:30

表紙ばかり見てページをめくる勇気が出なかった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

少し時間を置いて、また読み始め、最終章まで読んだ。
二本松で農業に従事する人の話のページで、ある若者を思い出した。二本松に嫁いだ従姉の息子である。彼は10歳で東日本大震災を経験し、兵庫県へ家族で自主避難。三重県の全寮制農業高校を経て、現在は二本松で農業法人に勤める。私は従姉の家族が、3.11に関わる取材を受けたり、それらが記事になったりするのは見聞きしていたが、直接何かを訊いたことがない。訊ねたくても訊ねられいというのが本当のところだ。自身の心のどこかで3.11や福島の原発事故のことをタブー視しているからだと思う。
記録する人、傾聴する人というのは非常に類い稀な才能なのだと思う。記録されることの大切さ、時を経て自身の体験を誰かに語る大切さを知った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本しりとりのだいすきなおうさま

2022/04/19 17:25

ビックブックの効果絶大!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

だれもが笑顔になるしりとり?
いやいや毎日食べるものをしりとりで持ってこいと指図する暴君のお話。
さて、その結末は?!
しばらく家でも学校でも、どこでもしりとりがやめられなくなること間違いなし。2人の読み手でやってみました。読み聞かせテキストは入っているものの、しりとり絵の部分をどう演じるか等についての助言がなく、少々不満でした。結果、読み合わせながら、どう読み進めるかを打ち合わせできめました。今度は誰かに読んでもらいたい、そんな一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

269 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。