サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. まもりさんのレビュー一覧

まもりさんのレビュー一覧

投稿者:まもり

323 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

ダンジョン飯 2 (BEAM COMIX)

全くクオリティ下がらず!

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1巻に増して大変面白く、じっくりじんわり楽しく読むことが出来た!

何に関しても練ってあるというか、細かい設定に脱帽。

ゲームのRPGなのにこんなにリアリティあるなんて~。

印象に残ったのがセンシとアンヌの章で
野生の生き物(モンスターだけど)との付き合いは
人間のセンチメンタリズムを凌駕するシビアさがあるよなあと妙に感心してしまった。

ほんと、久し振りに呑気にひたすら楽しく読書させてもらった感じ。ああ幸せ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もうぬげない

紙の本もうぬげない

2016/04/20 13:14

子供も読んで楽しい絵本

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読んでてとても楽しくて楽しくて…娘に読み聞かせする時は二人で絵を指差しながら笑ってしまいました(^^)主人公の男の子の生真面目さがいい、一つ一つ考察して、常に前向きに進んでいく姿勢がカッコいい!子供を持っているとギョッとしながら「あんた、いったいなにやってるの??」という状況に遭遇しますが、彼らは私たちの予想や常識を越えて越えて、結果、なんとも不思議な状態になってしまっているのかもしれませんね。何度も何度も読み返したくなる、そんな絵本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大家さんと僕

紙の本大家さんと僕

2018/09/05 11:40

矢部さんの才能がキレイに開花した作品

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

随分前から読みたいと思っていて、やっと読めると喜んだが、その前に大家さんが亡くなったという知らせを聞いていたので、少ししんみり、いつも以上に丁寧に味わうようにゆっくり読みました。

大家さんの上品な佇まい、言葉遣いが毛羽立っている私の心に静かに静かに染み入る。

大家さんのお二階に縁あって、世界中で一人しかいない、この矢部さんが住まわれることになって本当に良かったなあ、と思わずにいられない。

大家さんのマイペースでやさしい心遣いを、全く違う年代の矢部さんが誠意をもって受け止めている姿に感銘を受けました。

本当に素敵な本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日曜の午後はミステリ作家とお茶を

ミステリー作家の皮肉とユーモア溢れた日常

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

とてもとても面白かった!予想以上に主人公の性格がツボに入ってしまってたまらなかった。

物事を常に静かに冷静に、時に不本意ながら我慢強く対処している姿に、我知らず「フヘッ!」と気の抜けた笑いを禁じえず。じわじわ染み入る愉快な気持ちにしみじみ読書の醍醐味を満喫しました。

どのお話しもとても気に入っていますが、特にいいなあと思ったのは、タクシー運転手に対する謎解きのラスト。

改めてですが、上質で上品なミステリがこんなにも魅力的だとは…!ああ、本当に楽しかった!またシャンクスの活躍が読みたいです!続編切望いたします!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

フワフワ

紙の本フワフワ

2017/05/07 10:42

そういう状況があればいい!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読めば読むほど高畠さんの魅力のトリコになるような。個人的に今回の話もすっごい良かった!言葉はいらない、動物たちの表情を見ればそれだけでいい! 説教臭さも、何かの教訓的示唆も、ドドーンと凌駕して、ただ、そこにそれが起きてることを受け入れて、楽しむ。

今回は文章は高畠さんではなく、おおなり修司さんということだったが、これがなんの違和感もなく溶け込んでいるというか融合しているというか、独特の不思議ワールドが繰り広げられている。高畠さんの絵の何が好きといって、目つきかなあと思い至る。口元のへの字具合もとてもイイのだが、何よりうろんな目つきが、私の心に最高に響く。私も何かあったらあのような目つきで「ちょっとォ…」と佇んでみたい。

高畠さんのような絵本作家に出会えて本当に嬉しい。サイン本、宝物です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まってるまってる

紙の本まってるまってる

2017/04/26 15:42

不思議な登場人物たち、それだけで楽しい!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大好きな高畠さんの絵本!ページをめくって、どんどん食べていく人たちが最後の方でのっびきならないことに…(;・∀・)その表情のなんとも言えない風情が高畠さんらし過ぎて痺れました。最後にスッキリした人々が両手を上げて晴れ晴れとする様子は、高畠さんにサインをいただいた後、大喜びして去っていく私そのもののようです。かっちりとした世界よりも、遊び心満載でシュールな世界が好きな私には大満足の一冊なのでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おしいれじいさん 特製版

紙の本おしいれじいさん 特製版

2017/03/27 09:04

今は手に入らないの!?こんなに面白いのに…

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

こんなに面白いのに今はもしかして手に入らないの!?と、ちょっとビックリしています。出版されたのは2012年とのことで、本屋さんで見付けてそのインパクトに棒立ちでした。

内容もまったりのんびりしていて、オチも「おおー!!」と思ったんだけどなあ…いかんせん、じいさんの容貌が怖いのは否めない…?(;'∀')私は大好きな絵本です。読後うちの押れにもじいさんが住んでいたら楽しそうなのにねーと娘と言い合いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

カフカはなぜ自殺しなかったのか? 弱いからこそわかること

カフカは迷い、惑い続ける

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

カフカの作品をちゃんと読まずにコレ読む。後半はもう、夢中になって読みふけってしまった。

気持ちがわかる!と思ったことしばしば。が、究極に考えすぎで空回りし過ぎるカフカに「私はそこまでではない…」と遠い目になる。惑い、考え過ぎ完全に神経症になり、それでも尚クヨクヨ考え止まず。それはそういう生き方しかできないからなのだろうし、そのようなカフカだからこそ、後世に残り続ける作品を生み出せたのだろうなと思う。

身を削って文学を残した偉大な作家の人生を、理解深い軽やかな著者の突っ込みが重すぎない作品に仕上げています。読んで良かった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

みずたまのたび

紙の本みずたまのたび

2016/12/05 17:54

やさしい気持ちになった

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

娘の学校でお勧めしていたので読んでみることに。全然期待していなかったので予想以上に良かった。イラストがとても綺麗。絵は手描きに限ると常々思っているのだが、これはまた違う味わいがあっていいなあと思った。過不足ないシンプルできっぱりとしたイラストがとても美しい。娘は学校の図書の授業で司書さんに読んでもらったとかで知っていて、寝る前逆に私に読んでくれた。小1の娘のたどたどしく、時々間違えてはつっかえては、でも一生懸命読む姿と、すべてを静かに見守るような静かでやさしいみずたまの視線。心に染み入りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今日も一日きみを見てた

紙の本今日も一日きみを見てた

2015/12/19 16:57

幸せに気持ちが伝わってくるような

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

角田さんの小説は実は一冊しか読んでいなくて、だからこちらは初めて読む氏のエッセイとなるのだが予想以上に素敵で夢中で読みふけってしまった。

全編通して猫に対する愛情がふわわーと溢れているのだが、著者はどこかとても冷静で柔らかいながらも鋭い示唆に富み、ああそういう考えもあるのかと感心させられたり。

流れるように進む心地よい文章と、可愛らしい猫さんと、常に深い深い愛情を注ぐ著者のまなざしを傍に、まさに極上な猫エッセイを堪能致しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

乱と灰色の世界 7巻 (BEAM COMIX)

個性的で素晴らしい世界

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なんと幸せな読書だったろうか。子供の頃は本を開けば一気にその世界に連れて行ってもらえた。最近は集中するのに時間がかかり、その世界に入るのにまた時間がかかり…と全てがたどたどしく(これも老化の一種…?泣)何しろ一冊読むのに大層時間がかかることが多いのだが、このシリーズは本当に一瞬でもって、ここではない不思議な世界に連れて行ってもらえた。

一冊一冊が素晴らしく、まさかこれが最終巻と思わず購入し、ショックに暫し斜める。直球な「幸せ」をたくさんもらいました。乱ちゃん、立派になったね、これからも頑張れ!(感涙しつつ)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鴻池剛と猫のぽんたニャアアアン! 1

独特な関係!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

Webでも楽しませてもらっていたが、何度も読み返したいと思い作者への感謝も込めて購入。

ぽんちゃんの独特の表情と動きがたまらんかったです。我が家の猫チィちゃんも何かあるとのったりあんぐり噛んできますが、ぽんちゃんに比べたら全然やさしい噛み方かも!と、しげしげ顔を見つめてしまった。鼻と鼻の挨拶で鼻噛まれるなんて悲劇すぎる!(私は噛まれたことないッス)

色々激しいぽんちゃんですが、飼い主さん、なんだかんだで凄く優しくて読んでてホントにほのぼのしてしまいました。猫好きさんに超お薦めデス!(私は犬も大好きですが!)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ジャック・リッチーのあの手この手

最高だった!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まずこの表紙に惚れ(もうそれは一目惚れレベルで書店で固まる私)
題名のセンスに震え
読んでみて思わず椅子から立ち上がる程感激してしまった!!

こ…こんな面白いショートショート初めてかも!
探偵ものからちょっとウィットに富んだロマンス
挙句にファンタジーやSFの要素もハイセンスな作風で作り上げてしまう。

ちょっととぼけた雰囲気が魅力で読んでいる時間は本当に幸せだった。特に『ビック・トニーの三人娘』と『仇討ち』(←ウエスタンも書くなんて!!)がお気に入りだが他のも色々好きです!

あー面白かった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

カッパのぬけがら

紙の本カッパのぬけがら

2018/09/13 13:31

胸がキュッと切なくなる、可愛らしい物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なかがわちひろさんの絵が好きです。初めてなかがわさんの作品を読んだきっかけもイラストのか可愛らしさでした。(私が見知らぬ児童書を読むか読まないかを決める大きなポイントは、まず「絵」が好きか嫌いかなのだなあ^^;)

好きなイラストだからのっけから楽しく読みました。少年と河童のほのぼのとした交流ですが、リアリティも上手に織り交ぜていて、ラストも暗くならずに少しの可笑しみもありつつ、異世界ものの切なさをやさしく描き切っていて読後じんわりと胸が詰まりました。

ストーリーもイラストも楽しめる素敵な本だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もりのたんじょうびパーティ

紙の本もりのたんじょうびパーティ

2018/08/23 14:24

シンプルなイラストがとても愛らしく、昔の作品とは思えない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

新刊コーナーにあったので何気なく手に取ったら、本当に素敵なイラストで!こんな可愛らしい絵本があったのか!!と興奮しながら帰宅しました。

ストーリーには複雑なところはなく、ほのぼのと進んでいきますが、旧ロシア出身という作者のシンプルながらも卓越したイラストがどこをとっても愛らしく、出会えたことに大感謝です!1944年に、たった五色刷りで作られたというこの絵本。色使いが変…と学生時代先生によく指摘されていた私(遠い目)もっと早く出会いたかった…。

いつかこの作者の作品全てにふれてみたいです!宝物のような絵本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

323 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。