サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 積読さんのレビュー一覧

積読さんのレビュー一覧

投稿者:積読

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本帝国ホテルの不思議

2015/08/23 14:53

一流ホテルは一流のホテルマンが作る。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本が誇る帝国ホテル。ハリウッドスターが映画の台詞にするほど、そのサービスは有名でまさに日本の「おもてなし」を体現化している場所だと思います。
帝国ホテルの逸話はいろんなところで触れる機会がありますが、この本はそこで働く人たちから聞き取りをするという形で、「なでそこまでできるのか」という不思議に迫る本です。
個人的には施設部の方の話が面白かったですね。ないのなら作ってしまおうという発想が素敵。
いつかは帝国ホテルにふさわしい人間になって、滞在してみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面白かった。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本屋で何気なく手に取った本なのですが、非常に面白かったです。
海外でなくなった人ってどうやって運ぶんだろう?貨物室に棺桶を積むっていうウワサだけどほんとなのかな?…一度くらいは考えたことある疑問ですが、あまり深く考えない疑問。
その舞台裏で働く人々を描いたルポですが、単なる葬儀屋ではなく、故人に対する愛情がないととてもできない仕事だと思います。頭が下がります。
エンボーマーという職業が、欧米(キリスト教国家で、だと思いますけど)では非常に尊敬されているということも、この本で初めて知りました。
日本では死に関わる仕事は忌み嫌われたりする感覚があると思いますが、私たちはいろんな人に助けられ、支えられているのだということを改めて考えさせられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本死刑台の微笑

2015/08/23 14:58

スカっとするラスト

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

少年犯罪被害者を描いた小説とのことだったので、ウツな内容なのかな〜と思って読み始めたのですが…意外や意外の展開でとても面白かったです。
ミステリーというのかな?こういうのは。

現実にはここまでうまくはいかないんでしょうけど、こうじゃなくちゃね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示