サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ねったいぎょさんのレビュー一覧

ねったいぎょさんのレビュー一覧

投稿者:ねったいぎょ

120 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

よくぞ言ってくれた

8人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

コロナに関しては、私は周りと違った意見を持っていて、孤立無援な感じだったのですが、小林先生が同じ意見であることにほっとしました。時期的に考えても、この内容で書くのは勇気がいると思いました。「王様は裸だ!」とハッキリ言える小林先生は痛快ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本信長公記 現代語訳

2016/01/17 22:09

読みやすくておもしろい

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

織田信長の家来だった太田牛一が書いた貴重な歴史の本です。ただ、なかなか読みやすい本がありませんでした。この現代語訳の本は、とても読みやすいです。織田信長がどういった人物だったかということがよくわかりますし、当時の戦いの様子がよくわかります。文庫本で値段も安いですし、買ってよかったと思います。歴史に興味がある方なら読んでおきたい一冊ではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

多くの人に読んでほしい

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

コロナについては、ずっと小林先生とほぼ同意見でした。唯一違うのが、ワクチンに関することだったのですが、「コロナ論3」でついに同じ意見になったようで安心しました。私も、ワクチンは打ちません。危険性が高いことをメディアは報道しませんし、変異するウイルスに対してワクチンが効くとは思えませんから。というわけで、この本を読んで新たな発見というのはあまりなかったのですが、同じ意見の人がいて、それがしかも小林先生なので良かったです。この本を多くの人が読めば、この意味不明のコロナ騒動もおさまるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

絶対に読むべき本です

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

コロナに関して、小林先生と意見が一致しており、うれしいです。こんなにたいしたことのないウイルスに対して騒ぎすぎだと思います。マスクも意味がないから、早く付けないで大丈夫なようになってほしいですね。「コロナ論3」の発売は5月だそうです。できることなら、もっと早く発売してほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

深い歴史の知識が手に入ります

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

伴天連追放令により秀吉に迫害されたキリシタンですが、その記録というのは、あまり出版されていないように思います。秀吉の時代というのは、なぜか驚くほど記録が少なくて、どの本を読んで勉強すればいいのかわかりませんでした。あるとき、ふと手に取ったこの本の中に、秀吉の時代のあまり知られていない歴史のことが書かれてあるのを発見して衝動買いしてしまいました。
 この本は学術書ではありません。作者がリュートという楽器を習いにいくところから始まります。美しい文章と歴史の深い知識が融合し、読んでいて圧倒されます。すごい本に出会いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さすがのレシピ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

特別なスパイスを使わずに、ルウだけで作るカレーを紹介しています。

 ルウだけで作るとなると普通のカレーになるかと思いきや、普通ではないおいしさがそこにはありました。ちょっとした作り方の違いが、大きな味の違いを生むのだということがわかりました。

 この本は値段も安いですし、作りやすいレシピがたくさん載っているので、かなりお得な内容だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ゲーテとの対話 改版 上

2019/01/22 23:47

手元に置いておきたい一冊

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ゲーテといえば、色々な分野で活躍した偉人です。そのゲーテと親しくしていたエッカーマンが、ゲーテの言葉を残した貴重な一冊です。
 このエッカーマンという人も、ただ物ではない知識人だと思います。文章力といい、知識の深さといい、ゲーテに負けていないのではないかと思います。
 この本は、買って手元に置いておき、読みたくなったときに開きたいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本キケロー書簡集

2019/01/22 23:00

楽しんで読むことができる史料

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

キケロは、カエサルと同時代に生きた政治家であり弁護士です。その人が、親友に当てた手紙がたくさん残っており、それをまとめた一冊です。
 こんな昔の手紙が残っているということは奇跡と言えるでしょう。当時のことを知るうえで貴重な史料であることはもちろん、読んでいて普通に面白いです。当時の人も、今の人と精神的にはあまり変わらないのだということがわかります。
 訳が上手なので、とても読みやすいです。読みごたえもあるので、かなり長く楽しむことができます。ローマの歴史に興味がある方は必読の一冊と言えるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

秀吉時代のことがわかる貴重な一冊

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

朝鮮出兵の様子が詳しく書かれているのが興味深いですね。信長の時代に関する本はたくさんあるのですが、秀吉に関する本はあまりありません。そういった意味から考えても、この本は貴重な一冊と言えるでしょう。キリスト教を認めなかった秀吉に対して、フロイスはかなり悪い印象を持っていたようです。その恨みがにじみ出ているような文章が、今読むと面白いですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本怒らないこと

2015/08/24 23:31

手元に置いておきたい一冊

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

怒ることというのは誰にでもあり、私ももちろんある。しかし、怒っても良いことはないことは実感としてわかる。では、どうしたら怒らない心を持つことができるのか、これは非常に難しい。怒ってしまったときには、この本を読み、自分を戒めたい。だから、この本は立ち読みではなく、買って手元に置いておきたい。
 この本には、なぜ怒ったらいけないのかが具体的に詳しく書かれている。そして、どうすれば怒らない心を持つことができるかが書かれている。言葉も明快でわかりやすい。素晴らしい本だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本グリーン家殺人事件

2019/08/30 00:07

名作です

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

グリーン家の屋敷で次々と殺人が起こるという話で、今では珍しくない設定ですが、この時代では画期的だったかもしれません。犯人はすぐにわかってしまいましたが、それでもかなり楽しめました。ベンスン殺人事件、カナリヤ殺人事件に比べて、格段にレベルが上がった印象です。名作ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ベンスン殺人事件

2019/06/30 00:26

とても面白い本格ミステリー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ミステリファンなら、ヴァン・ダインという名前は当然知っていると思います。私も20年以上前から知っていましたが、なぜか今まで読んだことがありませんでした。本当にもったいないことをしていたと思います。

わくわくする内容で、読み進めるのがもったいないぐらいです。重厚な文章で読みごたえがあることも気に入りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

中身が濃い

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

十字軍というのは、学校の世界史の授業でさらりと触れられるので名前は知っていますが、具体的にどういう軍隊なのかは知りませんでした。名前だけ知っていても意味はなく、この本を読んで楽しみながら勉強すると身になります。
 この本に限らず、塩野さんの著作は内容が濃くて素晴らしいと思います。それにしても、これだけのことをよく調べたなと感心します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ビーグル号航海記 新訳 上

2018/05/07 23:15

ダーウィンの貴重な航海記

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ダーウィンは進化論で有名ですが、実際に著書を読んだことがある人は少ないのではないでしょうか。ビーグル号航海記は、荒俣先生の訳が読みやすく、とても面白いです。この航海記を読む限り、ダーウィンは天才というわけではなく普通の人だったように思います。自分の勝手な人物像がくつがえされました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ロウソクの科学

2017/07/29 23:00

科学の入門書として最適です

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ロウソクが燃えるという、ただそれだけの現象にたくさんの科学の原理が詰まっています。そんなことがあるのかと思って読み進めていくと、なるほどと納得します。講義形式なので、文章もわかりやすく、引き込まれるように読んでしまいます。しかも、著者がファラデーですから、すごい本です。科学に興味を持つという意味で、この本は科学の入門書として最適だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

120 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。