サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. southdayさんのレビュー一覧

southdayさんのレビュー一覧

投稿者:southday

26 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

紙の本少年と犬

2020/07/30 15:09

犬好きにおススメしたいが

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

犬がテーマで犬好きにおススメしたい小説ではありますが、必ずしもハートウォーミングというかハッピーエンドではありませんのでご注意ください。とはいえ、第一章から最後に至るまで、一貫した登場人物はシェパード(雑種?)だけですが、ひとつひとつのエピソードが生き生きとしていて一生読み終えるごとに一緒に生活したかのような臨場感がありその辺りはさすがご本人も犬を飼われていて必然的に書いたという著者さんのなせる業だと思いました。直木賞、納得です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

毎日の食事に!

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ジョコビッチの食事本を読んだ続きとして読みました。どちらも参考になる内容だったのですが、こちらの著者が推奨している食事と違うところもあり・被る面もありで半信半疑6割くらいの感じで読んでいましたが、とにかく完全無欠コーヒーがすごい!迷ってる人には実践してみてほしいです。試してみて効果てきめんで驚きました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本人が正しく日本人のことを知るために

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

英国人が日本人以上に日本のことを的確にとらえて心配してくれている本で反省させられながらも親しみを持って読むことができます。著作は何冊かありますがこちらの本が一番データや主張ともにまとまっており最初の1冊として推すすんです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ものづくりのマインドセット

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

サンクチュアリ出版というと自己啓発本のイメージが強いと思いますが、どういう思いで出版し、裏事情はどうなっているかを赤裸々に書いた本です。編集に限らずものづくり全般で参考になることが多く、あいうえお作文のようにサンマークかるたが紹介されておりそれだけで自社の標語にできそうなくらいです。特に第4章は、自分だけにノウハウを蓄積して会社にしがみつくようなマインドセットではなく会社をどううまくまわしていくかという経営者視点であらゆるジャンルのものづくりに参考になると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本イスラムが効く!

2019/04/20 14:20

ムスリムって何だっけ?というレベルでもOK

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

イスラム圏に行く機会があり、初心者レベルでしたが向こうの国のことを知っておきたいと思って読みました。第1弾のとなりのイスラムも未読ですが、「こういう考え方が今の日本に必要なのではないか」という仮説を基に、なぜ今必要なのか?をわかりやすく解きほぐしてくれる教科書なのでこの本から読んでも大丈夫かと思います。基本的には対談集+コラムなのですが、章ごとの分け方がわかりやすく、その考え方だとなぜすれ違うのか?問題はどこにあるのか?と具体例を多く示してくれる良書です。自分自身は無宗教ですし、これを機に宗教をもったりは多分しませんが、世界の4分の1~3分の1がムスリムとなる世界において、無知ゆえにいつの間にか傲慢になってしまうということを避けるうえで、知っておいて損はない内容かと。イン・シャー・アッラー!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍ひとりぼっちを笑うな

2015/10/24 15:02

自伝的な1冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

再ブレイクとなっている蛭子さんの本でも自伝的な内容になっており面白かったです。優しそうなおじさん、かと思えばやっぱりちょっと変なおじさん、などなにをきっかけに知ったかで色んなイメージを持たれている人ですが、そもそも漫画家ではありますが、文章に魅力が爆発しています。こちらを機に人柄により興味を持ってしまい、他の著作も追ってしまっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

糸井重里氏がコメントを寄せているということで手にとってみたところ、最近新しく読み始めた漫画の中でも珍しくはまってしまいました。1巻から最新刊まで一気読みしてしまいました。続きが早く出てほしい1冊になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いつものガネーシャ、でもテーマは重い

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回は「死」をテーマにしたシリーズ第4作ということで、ガネーシャの教えに加えて死神からの教えもあります。テーマは重いですが、テイストはいつものシリーズ通り。自己啓発っぽいものが苦手な人にも、p.400以上あるボリュームにも関わらずエンタメ小説としてさくっと読めてしまう内容です。難解なものを含む30以上を超える参考文献から現代風に編みなおしてくれているシリーズだといえるでしょう。名言だけを並べるよりも、具体的なストーリーを伴って体験すると自分の中にストンと入ってきますよね。あんみつ買って帰ろうかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分を棚卸しする良書。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

堀江氏と落合氏の対談形式のビジネス書という体だが、どちらかというと堀江氏の主張に関して、後攻の落合氏が自分なりにまとめるという印象。新発見が多いというよりはこのジャンルを読み慣れている人からしたら結構普通よりのことが書いてありますが、いつもの堀江節が読みたい人には安定した本だと思います。後半に出てくる「ジェネリック菓子」という現象もあまり意識していないことで言われてみれば…!という感じで、自分も含めて選んだという錯覚をして生きているのかもしれません。もちろん正しい答えなどはありませんが、このタイトルで自問自答してみたい人にはぴったりな1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ファーストペンギンではなくて、セカンドペンギン

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

お二人の含蓄のある対話の中から、デザインという言葉のイメージに囚われずビジネスのヒントになるキーワードがたくさん出てくる本です。「世界観」と「人の想像力」をキーワードに、自分とのブレスト・対話にうってつけの1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本話すチカラ

2020/04/13 18:47

from明治大学!教授とOBの読みやすい講義集

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

講義録ともいえる内容ですが、1章毎が短く、エッセイのように読めてわかりやすいです。
15秒ごとに分割して話をつくる、とか頭蓋骨を響かせる、上機嫌でいるためのマインドセットなど。国語マニアの安住さんですから、日本語の使い分けや、
p.179の大和言葉と漢語の例など、具体例が面白いですね。
10,9,8…と1,2,3…は是非試してみて下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本カモフラージュ

2019/04/22 22:09

著者を知りませんでしたが、よかった

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

有名なアイドルのデビュー作ということで、ご本人のことは知らなかったのですが島本理生さんと森見登美彦さんが帯推薦文を書いているので読みました。小説6章からなる短編集で、のっけから不倫テーマの話だったので驚きましたが他の話は20代アイドルの視点からみたかわいい視点の創作ものです。とはいえ、油断すると「ジャム」、書き下ろしの「完熟」のように独特なユーモアセンスにびっくりさせられると思います。「拭っても、拭っても」はさながら「ダルちゃん」(小学館)のような女性から支持を得そうな内容でいいですね。次回作も楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すごく面白い、世界の俯瞰の仕方。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

自分が常識だと思っていることは、ドラマチックになり過ぎている。1章の質問事項を答える限り、自分も全く指摘通りの認識をしていました。世界中の行ったこともない地域に対しての「先進国」「途上国」という認識や、子供の頃によく話題にあがっていたオゾン層の破壊、HIV患者、安全な飲料水…etc。その殆どが、かなり昔に習った常識を基に偏見に変わっていることに気づかず過ごしているとわかりました。本の中のQ&Aや各チャートがわかりやすいので、まずはそこだけでも読んでほしい。楽観主義だけに走るのはよくないですが、データを参照せずになんとなく昔はよかったと思っているという状態に陥らないためにも知っておきたい数々の事実を知ることができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

コミュニティとは、編集とは?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一筋縄では何の本なのかわかりにくいですが、これからの「編集」に関しての考察を自分の生活環境やここ数年の変化とともにいろんな視点から書いています。最近のスタートアップから急成長している企業の数々をみても、確かに時代は完全な完成品を求める時代から、なめらかにアップデートしていく時代へと進んでいるのかもしれません。こんな時代だからこそ、ただの情報の集まりという意味だけではなく紙の本というものを好きなひとがはっきりと顕在化しつつ、本とは何か?をこれほど考察する絶好のタイミングはないともいえますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

強かに生きるための指南書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトつの通り、ビジネスの心得を著者から子供たちへと伝えるための本書ですが、ノウハウ本としてではなく第5章以降の実際の外資系で起こったトラブルや圧力などのエピソードがかなり迫力があります。20歳くらいの学生などに対しての就職活動の手引きとしても使えますが、現場で働くビジネスマンのドキュメンタリーとしてもハラハラ読める読み物でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

26 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。