サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あはははハルナさんのレビュー一覧

あはははハルナさんのレビュー一覧

投稿者:あはははハルナ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本ロシア音楽事典

2015/09/22 17:45

浅く、だけど超広く学べる一冊

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一つ一つの説明が全てめちゃめちゃ詳しい訳じゃないけど、だからその分読みやすく簡潔で、ロシア音楽の歴史を追求していくには十分役立つ説明が成されている。こんな作曲家もいたんだ!!という新発見が沢山あった。説明は長くなく、とりあえず情報が多い。浅く超〜〜広く、という感じ。楽しく読めた。ロシア音楽史に関する分厚い本を読む前に、これを読めば、ロシアの情報は一通り学べるので、最初に読むのにオススメ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

やや深く広く、楽しい総合的な解説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ドバイヨンの感性による様々な比喩は勿論、曲が作られた時は世の中はこのような風潮だった、こんなことが起こっていた、印象派の文学や美術はどの様なものか、また、別の作曲家のメロディーをどんなところで引用しているか、印象派の中の具体的な奏法・画法・作曲法など、ドビュッシーと時代背景を照らし合わせてやさしく解説してくれています。ドビュッシーについてやや深く広く学べる、とっても楽しい本でした。
ドビュッシー好きな方には是非読んでほしい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示