サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ぷっぷさんのレビュー一覧

ぷっぷさんのレビュー一覧

投稿者:ぷっぷ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

第一級の資料価値

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

コープランド、バーンスタイン、マルケヴィッチ、E.カーター、M・ルグラン等の教師、ストラヴィンスキーやリパッティはじめ、多くの音楽家たちの擁護者として、、多くの音楽家と共に語られていたナディア・ブーランジェ。「ナディア・ブーランジェとの対話」(音友版・絶版)以来の彼女についての書籍は、彼女の生い立ちの細かさ、天才の妹リリーとの関係、その他多くの音楽家たちとのエピソードが、多くの手紙のコピーや写真、楽譜と共に紹介されている。この画像だけでもお宝だが、特にストラヴィンスキーやプーランクのナディアに捧げた作品の手書き楽譜は興奮だ。
表紙のイメージから軽い伝記と思われたら全く違う。ナディアの良悪両面をも捉えた内容は、通常の伝記以上の細やかさだ。1989年に書かれ、著者は故人。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

詳細かつ発見の多い伝記を超えた伝記

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

誕生からその死まで、詳細なエピソードや情報にまず驚く。
性癖含むプライヴェート、師匠シェーンベルクとの関係、他者との関わりでどう思考が変化していったか、など、まるで、ケージ自身になって、思考の変遷を追体験している錯覚に陥るほどだ。
多くの自伝の事実並列とは次元の異なる本書は、ケージの好き嫌いを問わず20世紀芸術史としても読める。
価格は少々張るが、この内容でこの価格であれば廉価といえよう。大推薦。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示