サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. アコさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

アコさんのレビュー一覧

投稿者:アコ

9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

リバース

紙の本リバース

2017/04/30 12:09

そうきたか~

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「誰かが何かを隠しているんだろう」
「犯人のヒントは何だろう」
なんて思いを抱きつつ読み進めて行った。

そんなことも忘れて、ハッピーエンド と思いきや、
最後の最後でドンデン返し・・・

彼はこれからどうするのだろう?
ドラマも同じ終わり方をするのだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちょっと今から仕事やめてくる

紙の本ちょっと今から仕事やめてくる

2016/03/06 14:16

ヤマモト役は村上信五

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ブラック企業に勤め、心身ともに疲弊していた主人公は、同級生ヤマモトとの偶然(?)の出会いを境に、自分を取り戻して行く。
しかし、ヤマモトには思いもよらない秘密が・・・

会社に限らず、学校でも、「つらい場所に無理に居続ける必要はない」ということを考えさせてくれる話である。

ヤマモトの思いは、主人公を通して、つながっていく。
最後の主人公のセリフは、ほろりとなけてしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

神様の裏の顔

紙の本神様の裏の顔

2017/01/31 21:36

自分の想像はあっているのか・・・

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

神様のような人に裏の顔があった?
通夜に参列した人物が、故人との思いでを回想している。
読み進むうち、「えっ?これが裏の顔なんだろうか」と想像が膨らんでくる。
しかし、その状況証拠ともいうべき内容を知っているのは、読者のみ

この先、関係者が話をする機会はあるのだろうか。
お互いの状況を話合ったら、それぞれが疑惑を持つのだろうか。
はたしてその想像は、真実なのだろうか。

想像が裏切られるのかどうか、その通りなのか、楽しみになってくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

山女日記

紙の本山女日記

2016/08/31 21:53

つながりを探すのが楽しみ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「山女」って、ちょっとおどろどろしい想像をして読んだ。
実際は全く違っていて、「山ガール」のお話しです。
でも、そこを「山女」 と表現するところが良いところで・・・

短編集ながら、いつものようにそれぞれのお話しにつながりがあり、
読み進めていくとそのつながりがわかってくる。「あぁ、あの話のあの場面・・」
するとその次の話では、「どうつながっているんだろう」と想像するのが楽しくなる。

同じ場面が異なる角度から描写され、「あぁ、湊さんの作品だぁ」と安心できた作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

高校入試

紙の本高校入試

2016/03/31 22:27

小説単独だとわかりにくいかも

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

湊さん特有の書き方(と私は思っている)ある特定人物目線による話の展開。
この小説では、その特定人物が目まぐるしく変わっていくので大変ですが、
ほぼ時系列通りに書かれているので、わりと状況はつかみやすいと思います。

私の場合は、数年前にドラマを見ていたので、
時刻とともに書かれた、タイトルとも取れるメッセージの意味も初めから理解できましたが、小説しか目にしていないと、このメッセージが何であるかがわかりにくいかも・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ひかりの魔女

紙の本ひかりの魔女

2017/04/30 12:15

ほのぼの

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

言ってみれば、昔ながらの心優しいおばぁちゃんの日常が、
浪人生である孫息子目線で書かれているだけなのですが・・・

孫息子の心の成長も見られ、
なんか、心温まってきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

君の名は。

紙の本君の名は。

2016/09/30 21:40

良かった(ホッとした)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

映画が話題になっている中、息子が小説を持っていると言ったので、借りて読んでみた。およそのあらすじを知った上で・・・

それでも、どんな状況なのか、把握するのが大変。
「映画だったら、すぐわかるだろうに」と思いながら、僕か、私か、をたよりに想像力で映像化して読み進めた。

最後2人はどうなるの?とドキドキさせる記述も出てきてしまいながらも、
この小説に出てくる「カタワレ時」という言葉にいろいろ感じながら、「ベターハーフ」という言葉を思い出しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

望郷

紙の本望郷

2016/01/12 21:48

ちょっと変わったミステリー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ミステリーという言葉に、ついつい「殺人などの大きな事件とその真相」を想像して読み始めました。
1篇目を読み終わった時には、「あれっこれで終わり?」という感じでしたが、読んでいくうち、どの話も謎だった部分の真相に優しい気持ちを感じて、なんとなく心温まった思いでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

御不浄バトル

紙の本御不浄バトル

2015/11/14 16:46

物足りなさが残る

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

電車のつり広告とタイトル,芥川賞作家という興味先行で購入。
ブラック企業に勤める会社員の心落ち着ける場所であるトイレでの行為が、仕事の状況変化とともに変わっていく。
個人的には、ドンデン返しがあるものと期待して読み進めていたので、最後は、「あれっ?これで終わり?」という感じで、物足りなさが残ってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

9 件中 1 件~ 9 件を表示